« ピンポン | トップページ | スウィング・キッズ 引き裂かれた青春 »

2005年8月22日 (月)

オスカーとルシンダ

Oscar_and_lucinda これはギャンブル映画?
いえいえ、ラブストーリーでございます。

“ギャンブル好きな2人が出てくる映画”と言う認識しかなかったので、当然、ギャンブルづくしの一攫千金ものかと思っていました。
どうやら毛色が違うようで・・・。

■あらすじ■ 

オスカー(レイフ・ファインズ)は悪友の誘いに乗って、学費を払うため“賭け”てお金を増やすことにする。

しかし、敬虔なキリスト教徒でもあるオスカーは、“賭け”をする自分の罪に耐え切れなくなり、ついには、心機一転 “賭け”から身を遠ざけようとオーストラリアへと旅立つことにする。

一方、ルシンダ(ケイト・ブランシェット)は両親が残した莫大な遺産から逃れたいがために “賭け”にのめり込んでいく。 
幼い頃のガラスの思い出を胸にオーストラリアのガラス工場を買うことにするルシンダ。

2人はオーストラリア行きの船内で出会い、意気投合するが・・・。

(1997/アメリカ・オーストラリア) ★★★

-----------------------------

オスカーの役は複雑。
ただのギャンブル好きではなく、真面目で内向的なクリスチャン。 
レイフ・ファインズが繊細な演技で丁寧に演じています。

父の宗派に疑問を持ち、自分の進むべき道を“神頼み”によって決めてしまったり、なかなかに頑固で変わり者です。
その神が、最後に導いた“結果”を思うと かなり複雑な気分になりますが。

オスカーも変わっているけど、ルシンダもまた変わり者。 
変わり者同士でホントにお似合いです(笑)。

ケイト・ブランシェットも快活なルシンダを好演。
なよなよしているオスカーと 男勝りのルシンダの 軽妙なやり取りは見ていて楽しいです。 
話のテンポも良く、物語はぐんぐん進む。

しかし、しかしなのです。

基本的に、ラブストーリーはハッピーエンディングが好きかな。 
アンハッピーでも、純愛とか意外性のある結末は好きだけど・・・。

映画では意外って言うより、そりゃないよ!っていう、とんだ邪魔者が話に闖入。 
ラブストーリーを台無しにしてしまう。
オスカーが可哀そう・・・。

思わぬ結末を迎え、釈然としない気持ちだけが残ったのでした。

ハッピーじゃない。 
けれどバッドでもない。
なんとも型破りで、風変わりなお話です。

|

« ピンポン | トップページ | スウィング・キッズ 引き裂かれた青春 »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5581962

この記事へのトラックバック一覧です: オスカーとルシンダ:

« ピンポン | トップページ | スウィング・キッズ 引き裂かれた青春 »