« インデックス | トップページ | ハイ・フィデリティ »

2005年8月11日 (木)

好きと言えなくて

Truth_about_cats_and_dogs 漫画みたいな三角関係ラブストーリー。

■あらすじ■ 

写真家のブライアン(ベン・チャップリン)は興奮した犬の相談をした縁で、ラジオでペット相談を担当しているアビー(ジャニーン・ガラファロ)と知り合う。 

知的なアビーの話し振りに惹かれ相談のお礼に来たブライアンに、アビーは同じアパートの住人でモデルのノエル(ユマ・サーマン)に身代わりになってもらってしまう。 

そうとは知らないブライアンはアビー(ノエル)に一目惚れ。 

アビーはブライアンに好意を持つが、仲を取り持つノエルもブライアンに好意を持ってしまったために、話はややこしくなって・・・。

(1996/アメリカ) ★★★★

-----------------------------

やっぱり、男は美人がいいのか・・・。
こう書くと、身も蓋もないですが、ハリウッド映画なので最後はちゃんとハッピーエンドで終わります!

現実には女同士の「恋」と「友情」は、映画のアビーとノエルのようにはいかないのでしょうね・・・。 

もし、自分が親友と同じ人を好きになったら、どうだろ? 
ん~、「恋」を取るか「友情」を取るか・・・。 

私は失うものが大きい方を取ると思うけど、私にとって「友達」はとても大事な存在なので「友情」を取る自分でありたいです!
彼氏が出来たとたんに「恋」を取るような自分だったら失望しちゃうけど・・・優等生ぶっているかも?(笑) 

しかし、こういう乙女な映画は大好き! 

ジャニーン・ガラファロは美人じゃないって役どころだけど、見ているうちに可愛く見えてくるので不思議だよ。 

写真撮影シーンのジャニーンは、ユマも劇中言ってましたが、すごく可愛かった!

邦題は「好きと言えなくて」ですが、洋題は 「THE Truth ABOUT Cats & Dogs」 と言うんですね! 
犬と猫についての真実ってところですか? 

しかし、Cats & Dogs って言うのは、男と女、もしくはジャニーンとユマの相反する2人を表現しているみたいで、なかなか言い得て妙だと思いました。 
そう言えば、劇中アビーは猫、ブライアンは犬を飼っているんだった!

ブライアンの友人役でジェレミー・フォックスが出ているのを発見!

|

« インデックス | トップページ | ハイ・フィデリティ »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5405747

この記事へのトラックバック一覧です: 好きと言えなくて:

« インデックス | トップページ | ハイ・フィデリティ »