« フロム・ヘル | トップページ | オスカーとルシンダ »

2005年8月22日 (月)

ピンポン

Ping_pong 元気になるサプリメント。

■あらすじ■ 

才能にあふれ、卓球が好きでたまらないペコ(窪塚洋介)。 
子供の頃から無愛想で笑わないスマイル(ARATA)にとってペコはヒーローそのものだ。 
しかし、部活をサボっては大学生相手に金をかけて卓球勝負をしているペコを複雑な思いで見つめている。

久し振りに部活に出たペコは、辻堂学園が全国覇者ドラゴン(中村獅童)を倒すためエリート留学生チャイナ(サム・リー)を招いたことを知ると、部活をサボってに試合を申し込みに行きチャイナに完敗してしまう。 
続くインターハイでも幼なじみのアクマ(大倉孝二)に敗れ、ペコは自暴自棄になってしまう。

一方、スマイルは監督(竹中直人)に才能を見い出され、めきめき実力をつけていく。 
いまや、別々の道を歩き始めた2人にまた、インターハイの季節がやって来る・・・。

(2002/日本) ★★★★★

-----------------------------

多彩なキャラクターが映画を盛り上げていますが、なんと言っても出演している役者さんがすごい。 
役に見事にハマっていますよね~。 

原作が漫画だし、濃ゆいキャラなので、なかなか難しい事だと思います。
映画を見た後に原作の漫画を借りて読んだのですが、面白かった! 

無邪気なペコ、殻に閉じこもっているスマイル、重荷を背負っているチャイナ、非力な自分に打ちのめされるアクマ、孤独なチャンピオン、ドラゴン。。。

それぞれのエピソードも無理なく1本の映画につながってて見所がいっぱいあったけど、スマイルの目線から見ていることが多いかも。

ただ、ひたすらペコ(ヒーロー)を信じて待ち続けるスマイル。
それだけなのに、なぜか一番心に残ります。

それにペコとスマイルの友情っぽいシーンが好き。

ポテチをほおばっている江ノ電のシーンとか、部活をサボってペコとスマイルが防波堤を歩いているところとか。 

嫌いなところを探すのが難しい映画だけど(笑)。
オープニングなんてスゴイよね。

“この星の一等賞になりたいの、俺は。 そんだけっ!”

名台詞もたくさんありましたが、印象に残ったのはアクマの「少し、泣く」(笑)。
・・・名台詞かどうかは疑わしいですが、切なかったです。

卓球と接する機会は普段なかなか無いですが、躍動感 溢れるスポーツとして描かれていて、何度観ても元気になれる。 
気分を盛り上げてくれる音楽も好き。 
映画を観るとサントラが欲しくなってしまうよ・・・。

その他の主な出演者。
オープニングのお巡りさんに 松尾スズキ
片瀬高卓球部太田キャプテンに最近いろんな所で見かける 荒井良々
卓球場オババに 夏木マリ などなど。。。
細かく挙げるとキリがないです。

私は、落ち込んだ時にはこの映画を観ます!

|

« フロム・ヘル | トップページ | オスカーとルシンダ »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5579040

この記事へのトラックバック一覧です: ピンポン:

» レインボー・ブリッジの日/ ピンポン(2003・日) [毎日が映画記念日]
8月26日は「レインボーブリッジの日」。 [続きを読む]

受信: 2005年8月25日 (木) 21時56分

« フロム・ヘル | トップページ | オスカーとルシンダ »