« ロビン・フッド | トップページ | ペーパームーン »

2005年9月17日 (土)

レッド・オクトーバーを追え!

Hunt_for_red_october トム・クランシー原作の “ジャック・ライアン” シリーズ映画化第一弾。 

今回の“ジャック・ライアン”役はアレック・ボールドウィン。
以降↓このように、なってます。

  • 第二弾 「パトリオット・ゲーム」 → ハリソン・フォード
  • 第三弾 「今そこにある危機」 → ハリソン・フォード
  • 第四弾 「トータルフィアーズ」 → ベン・アフレック

■あらすじ■ 

ロシアの大型原子力潜水艦“レッド・オクトーバー”が静かに港を離れた頃、アメリカではCIA分析官ライアン(アレック・ボールドウィン)が“レッド・オクトーバー”の秘密を探っていた。

アメリカ攻撃を企てているとして、“レッド・オクトーバー”追撃体制が敷かれようとしている時、ライアンはある仮説を立て攻撃中止を求めるが・・・。

(1990/アメリカ) ★★★

-----------------------------

潜水艦内なんていう、せまい空間だけでは面白くならない話を、ライアン分析官が活躍することによって上手く盛り上げてました。 

潜水艦のハラハラするサスペンス部分とドラマ部分。
個人的にはドラマ部分がいまひとつで、感動には欠けました。 

ショーン・コネリー扮する“レッド・オクトーバー”のマルコ艦長の行動動機が不明すぎて、乗組員同様に不信感を持ってしまうのです。

特に、よく分からないのは、岩場の多い場所を速度を上げて操行すること。 

危険を冒してまで しなくてはいけないことではなかったはず。 
なにか理由があるのでしょうか? 
映画の中では何も理由付けがなされてませんよね。

そこで、まさしくトラブルが起きたから、
「そらみろ!ぶつかったんじゃないか!ダメ艦長!!」と呪ったのに、後に原因は電気部品のショートだと分かる・・・。
分かりにくいです。

しかも、ショートの原因は誰かが工作したことだと分かり、艦内に目を光らせることになるのだけど・・・。
この工作員(?)が何者なのか、さっぱり分からずじまい。  

“レッド・オクトーバー”がロシアとアメリカからの攻撃を受け、追い詰められるところは良かったんだけど、
マルコ艦長は、何故、あのような“決断”に至ったのか最後まで教えてくれなかったので、ちょっと、消化不良です・・・。

しかし、謎めいた人物をショーン・コネリーの圧倒的存在感のみでカバー。

ショーン・コネリーがマルコ艦長を演じたからこそ、ココまで厚みのある映画になったのでしょう。

|

« ロビン・フッド | トップページ | ペーパームーン »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5979493

この記事へのトラックバック一覧です: レッド・オクトーバーを追え!:

« ロビン・フッド | トップページ | ペーパームーン »