« イーサン・ホーク | トップページ | ギルバート・グレイプ »

2005年9月26日 (月)

恋愛適齢期

Somethings_gotta_give ジャック・ニコルソンとキアヌ・リーブス。
もし、付き合えるなら、どっち?

■あらすじ■ 

50代のバツイチ劇作家のエリカ(ダイアン・キートン)は、週末、執筆のため別荘へ行くも、そこには見知らぬ不審者が・・・。 

その不審者は娘のボーイフレンド、ハリー(ジャック・ニコルソン)だと判明するも、付き合うのは30歳以下の美女ばかりと噂の人物。 
なにかと衝突する2人だが、ハリーが心臓発作で倒れ、エリカの別荘で療養することになってしまう。

ハリーの主治医、ジュリアン(キアヌ・リーブス)は、年上のエリカに興味を持つが、一方のハリーも、エリカが気になってきて・・・?

(2003/アメリカ) ★★★★

-----------------------------

キアヌに熱烈に(!)求愛されるというだけで、夢が見られます~(笑)。

そんな訳で、ジャックとキアヌを天秤にかけられるなら、以前は迷わず「キアヌ!」と即答していましたが、最近はジャック派です(笑)。
あの渋さと軽妙さがステキすぎるっ!!

しかし、なんたって見所は ダイアン・キートン と ジャック・ニコルソン の掛け合いですよね。 
ホントに面白い。

ダイアン・キートンはすっごい、キュートで、
可愛い人ですね~(*^u^*)

あんな風に、年をとれたらいいなぁ。 
キアヌとジャックを両天秤に賭けられるような熟女になってみたいものだよ!
絶対無理だけど(笑)。

そして、ジャック・ニコルソンの病院のシーンでお尻が見えちゃうところ!
何回見ても、笑ってしまいます~( *´艸`)ぷぷ。。。
「恋愛小説家」も好きだし、ジャックのコメディって面白い。 
顔が怖いから、余計に(笑)。 

同じく、怖い顔でコメディっていうだけで笑いがとれるのは、ロバート・デ・ニーロ氏でしょうか~。

しかし、失恋したハリーが今まで付き合ってきた 元彼女に会いに行くところでは「ハイ・フィデリティ」を思い出しちゃった。
男の人には良くある行動なんですかね?

文句じゃないけど、この映画の中でのキアヌの扱いって微妙だったな(女性憧れの象徴?)。
特にラストはあっさりしてたよね。 

そんな簡単に恋人を手放せるものかな? 
物分り良すぎ、スマートすぎませんかー。 ブゥブゥー!

別れの描写はなく、エリカのセリフで説明されるのみ。 
物足りない気もするけど、そこからまた、修羅場が始まっても しょうがないので(見たかった気もする・・・)良しとしましょう。

|

« イーサン・ホーク | トップページ | ギルバート・グレイプ »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/6121993

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛適齢期:

« イーサン・ホーク | トップページ | ギルバート・グレイプ »