« 明日に向って撃て! | トップページ | チャーリーとチョコレート工場 »

2005年9月10日 (土)

8月のメモワール

The_war あどけないイライジャが魅力的。
可愛い~なぁ! くりくり頭。

■あらすじ■ 

ベトナム戦争から家族の元へ帰ってきたステュワート(ケビン・コスナー)。
しかし、家は取り壊され、仕事も見つからない。 
そんな中でも、息子ステュー(イライジャ・ウッド)と娘のリディアに、戦うことの無意味さを教えていく。

だが、子供たちの間では、ツリーハウスをめぐり 諍いが起きていて・・・。

(1994/アメリカ) ★★★★

-----------------------------

物語は父親のパートと、子供たちのパートと、交互に自然な形で進んでいきます。

父親のパートでは主にケビン・コスナーが、イライジャに自分の経験を語り、争うことでは何も解決しないことを諭します。

一方、子供世界ではめまぐるしい変動が起こっていて、最初は〈ツリーハウス〉をめぐって、リディア組 vs ステュー組 と男女で対立。
やがて、リディア+ステュー組 vs リップニッキ 7兄弟に発展。

それぞれのエピソードを交えながら、スムーズに話が展開する脚本の力が素晴らしいです。 
そして、たくさん出てくる子役たちの演技が芸達者で、役者なのです。

リディアの友人役の黒人の女の子が、ラップで言い返したりするのがとても上手くて感心しました。
一方、リップニッキ兄弟のふてぶてしさも、すごくいい!
よく、見つけてきたなぁ、この子たち。

でも、実を言うと、あなどって見ていました。 
子供たちのシーンは見ていて楽しいものの、ケビンのパートはオーソドックスだったし、これくらいの親子愛では泣けないぞと・・・(へそ曲がりなんです)。

だから、お父さんが亡くなってからが、この映画の白眉でした。 

イライジャの独白、子供戦争勃発・・・。
怒涛の物語展開で、無駄なく終わって、完。

この作品の良いところは、子供たちの間で本格的に(?)争いが起こるところ。 
ケンカはダメって言われても、何故かは なんとなくしか分からない。

自分が「体感」すること、「納得」すること、「体得」することで、初めて何故なのか実感を伴って理解する。
学ぶって、こういうこと!

|

« 明日に向って撃て! | トップページ | チャーリーとチョコレート工場 »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5876353

この記事へのトラックバック一覧です: 8月のメモワール:

« 明日に向って撃て! | トップページ | チャーリーとチョコレート工場 »