« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | カラーパープル »

2005年9月14日 (水)

銀河ヒッチハイク・ガイド

Hitchhikers_guide_to_the_galaxy 地球ぶち壊し・・・
どうせSFならば、気持ちいい位に ここまでやって欲しーい!

地球存亡の危機を描いた映画は数ありますが、私はどうもそういう系統に興味が沸かないタチなのです。 
なのに何故か、この映画は観る気になったので、自分でも意外な気がしました(予告編につられました)。

■あらすじ■ 

イギリスの片田舎。 
バイパス建設の為、家が取り壊されることになったアーサー・デント(マーティン・フリーマン)。 
そこに友人のフォード(モス・デフ)が駆けつける。 
工事に抗議するアーサーをなだめて、フォードは大事な話があるとパブへと誘う。

実は、あと6分後に地球は破壊されるというのだ! 
しかも、自分は地球人ではないと!

かくして6分後、地球は破壊され、アーサーとフォードはヴォゴン人の船にヒッチハイクすることに成功する。

(2005/アメリカ) ★★★

-----------------------------

原作はかなりの人気を誇るカルト本だそうです。 
読んでないけど。

やや不満に思ったのが、あんまりヒッチハイクしてないこと! 
もっと、いろんな船に乗り移っていくものだと思っていたので、早くに安住の地を見つけてしまったカンジ。 
惑星はいろいろ、行くけれどもね。

映画は「銀河」って題名がついている割には、スケール感はなく、こじんまり まとまっている気がしました。 

あんまり、広げすぎても収集がつかなくなるので、話を理解するには(私の脳みそレベルには)、あのくらいで丁度 良かったのかもしれません。

製作はアメリカなんですけど、ユーモアのセンスとか、完全にイギリス映画になってました。 
それだけ、原作に敬意を払っているってことなんでしょう。 
イギリス人俳優が多かったし・・・。

たぶん、この辺りのイギリス的ユーモアの好き嫌いで映画の好みも分かれるんじゃないかな。 
イギリス・ユーモアはウィットに富んでないとダメなんだよね。
だから、笑いの質がまどろっこしいの!(笑)

一応、「ラブ・アクチュアリー」の俳優3人はチェックしてたんですけど、オープニングのキャストクレジットでジョン・マルコヴィッチを発見! 
ノー・チェックでしたが無事、本編で発見できて良かった! 

最初の登場シーンでは 遠目で判らなかったのですが、次の登場でようやくアップに。
しかし、マルコヴィッチは髪の毛が生えているだけで (かつらをかぶっているだけで?)、誰だか判らなくなるなぁ。 
銀河系大統領選挙でゼイフォードに敗れた、怪しい宗教家ハーマ・カヴーラ役なのですが、予告でもバッチリ出てたのに気付かなかったです。

その銀河系大統領に当選したのがゼイフォード(サム・ロックウェル)。
躁病気味の大統領でハチャメチャです。 

なんせ、自分を自分で誘拐しちゃうんだから (それって、誘拐って言うの!?)。  それでもって、かなりのスケベで頭は2つあったりで、とにかく強烈なインパクト!

その大統領にナンパされ生き残っていた女性はアーサーの想い人、トリリアン(ズーイー・デシャネル)。 
地球人の生き残りがアーサーだけでなくて良かったね~。 

そこで私は、「とりあえず子孫は残せそうだな。いやいや、でもすぐに絶滅か。 仕方ない、異星人交配も有りか・・・。」などと、考えてました(笑)。 
話はそんな方向に行くはずもなく、ドタバタ劇が繰り返される・・・。

楽しみにしてたのが憂鬱なロボット・マーヴィンの「声」を演じるアラン・リックマン。 
渋くていい声してますよね。 
あの声で鬱気味なロボットって(笑)。 

最初はロボットのデザインがイマイチかなぁ…などと思ってしまいましたが、そのうち肩を落として歩く姿が可愛く見えてきた(笑)。
もう少し、小さかったら良かったかもね。 
というのは、R2-D2(by スター・ウォーズ)の影響でしょうか。

ラスト近くで、唐突に現れたスラーティバートファースト役のビル・ナイの存在はイマイチでした。 
地球誕生の秘密を語ったりもするけど、擬似地球にアーサーを連れてくる役目だけじゃーん! 
他のメンツに比べると、キャラクターが弱くて物足りなかったね。 
何かやってくれるものと期待しちゃった。

ヴィジュアル的には肩透かし気味。 
予告編で流れたところは良かったけど、「予告で一度、見たなぁ…」と、折角の映像もインパクト半減↓(残念)。 

その他で良いとこ探すと・・・ヴォゴン人でしょうか!
官僚的でグロテスクなヴォゴン人のキャラクターは好きかもしれない。
劇場にヴォゴン人の巨大なレプリカ(?)が置いてあって、見る前は 「こいつ、なんだろう」って思っていたけど、見た後は「写真に撮りたーい!」(笑)

でも、勇気がなくて、無理でした・・・。

|

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | カラーパープル »

Cinema 2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5935491

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河ヒッチハイク・ガイド:

» ★「銀河ヒッチハイク・ガイド」 [ひらりん的映画ブログ]
予告がちょっと宇宙系で面白そうだったので観てきました。 いつも空き空きのTOHOシネマズ川崎で・・・。 しかもプレミア・スクリーンなのに通常料金・・ レイトで1200円なり。 原題は「THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY」。 2005年製作のSF・アドベンチャー・コメディ、109分もの。 あらすじ 銀河系バイパスを作るため、地球を爆破しまーーーす・・と、 突然宇宙�... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水) 20時39分

» ☆★★ 『銀河ヒッチハイクガイド』観ました ★★☆(画像あり) [★SASASAWAのよくばり日記★★☆]
   楽しみにしていた『銀河ヒッチハイクガイド』観ました。   だが・しかし。。   途中で眠っちゃいました。。   期待はずれでした★   詳しい感想は→ こちらにて。   『銀河ヒッチハクガイド』のHPはこちら。   こんな期待はずれだったら   ...... [続きを読む]

受信: 2005年9月16日 (金) 10時37分

» 『銀河ヒッチハイクガイド』のレビュー [フィルム・アカデミア]
勧められるがままに、新作DVDの棚にあったので借りて鑑賞。普通に消費してしまいましたこの映画。というよりは、むしろ消化不良気味なのかもしれません。なにしろ、拾い切れませんから、引用が。『ラブ・アクチュアリー』や『オースティンパワーズ』なんかよりもずっとカルト的な引用ななされていそうなところはたくさんアンテナにかかるのですが、ほとんど消化できなかったのかもしれません。よって、今回はレビューというよりもかなり私的感想・印象論でいかせてもらいます。。。(汗) まずは・・・、ロゴ。。。DVDの表紙もほ... [続きを読む]

受信: 2005年9月16日 (金) 20時21分

» 銀河ヒッチハイク・ガイド(映画館) [ひるめし。]
まさか親友が宇宙人だったなんて・・・ まさか地球が破壊されちゃったなんて・・・ まさかこんなつまらなかったとは・・・ まさかづくしのB級SF映画でした・・・ ぢつはアメリカで公開した時から密かに観たかったの。でも楽しみにしてたより・・・微妙な感じでした。隣りの人は結構ウケてたけど。 原作はアメリカ?イギリス?で超有名な小説らしい。知らなかったけど。 ノリは「MIB」に�... [続きを読む]

受信: 2005年9月20日 (火) 20時35分

» 銀河ヒッチハイク・ガイド [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
マーティン・フリーマン、サム・ロックウェル、 ジョン・マルコヴィッチ主演 銀河系のルートに邪魔になった地球は一瞬のうちに破壊される 異星人と友達だったアーサーだけが生き残り 「銀河ヒッチハイク・ガイド」を手がかりに宇宙を彷徨うことになる 銀河系の大統領とであったり 憂鬱ロボットとであったり 地球を破壊した異星人ヴォゴン人と戦ったり そして大統領の目指すマグラシア星に到着するのですが アーサーはそこで地球の誕生の秘密を知るのです SFおとぎ話 そんな事がとか?思わず 楽しんで観たほうが良いかも... [続きを読む]

受信: 2005年9月22日 (木) 17時35分

» ■〔映画鑑賞メモVol.5〕『銀河ヒッチハイク・ガイド』(2005/ガース・ジェニングス) [太陽がくれた季節]
こんばんは~ …さて、 ここ半月だけ取っても、「形にしてみるつもりです」などと予告したものが、思うように形になっていません((^^; まぁ、形に為るものからエントリーして行くしかありませんし、 今後も、「形にしてみるつもりです」は発してしまうと思いますが、どうぞご寛大にお見守り頂きたく存じ上げますm(_ _)m まぁ(^^)、何かについて「書きたい」「形にしたい」等と云った意欲を示すことは、こう云った、ブログ、サイト運営をする僕に取っても(、また、おそらくは、他の運営者... [続きを読む]

受信: 2005年9月29日 (木) 23時33分

» 『銀河ヒッチハイク・ガイド』 [honu☆のつぶやき]
『銀河ヒッチハイク・ガイド』 原題:The Hitchhiker's Guide to the Galaxy 製作:2005年米 監督:ガース・ジェニングス 出演:サム・ロックウェル、モス・デフ、ズーイー・デシャネル 全世界で1500万部もの売り上げを誇る伝説的カルトSF小説−....... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 21時19分

» 銀河ヒッチハイク・ガイド(THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ハツカネズミは、地上で最も知的な生物である。 イルカは。地球上で二番目に知的な生物である。 地球において、人類は三番目に高等な生物である。 観た方はみんなそうだと思うけど、「イルカの歌」が耳から離れな〜いΣΣ(☆∀☆ ) ... [続きを読む]

受信: 2005年9月30日 (金) 23時05分

» 映画: 銀河ヒッチハイク・ガイド [Pocket Warmer]
邦題:銀河ヒッチハイク・ガイド 原題:THE HITCHHIKER'S GUID [続きを読む]

受信: 2005年10月 1日 (土) 01時25分

» 映画「銀河ヒッチハイク・ガイド」 [+Think]
 So Long, So Long, So Long……!  銀河バイパス建設のために地球取り壊しまーす。では良い1日を。  ってわけで、かねてより虎視眈々と狙っていた「銀河ヒッチハイク・ガイド」、よーやく見てまいりました。in六本木。  わざわざ出て行くのは面倒でしたが、行った甲斐はありました。  SFの名(迷?)作ですが、なんかもう、難しいこと考えなくても面白いけど、あれこれ考えつつ見るのも面白いっつー感じでホント良かったです。  銀河ヒッチハイク・ガイド   ... [続きを読む]

受信: 2005年10月 6日 (木) 12時37分

» 銀河ヒッチハイクガイド−映画を見たで(今年130本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:ガース・ジェニングス 出演:マーティン・フリーマン、モス・デフ、サム・ロックウェル、(声)アラン・リックマン 評価:63点(100点満点) 公式サイト ダグラス・アダムス原作の伝説的カルトSF小説を映画化したもの、って聞くと嫌でも期待...... [続きを読む]

受信: 2005年10月11日 (火) 20時13分

» 「銀河ヒッチハイク・ガイド」 [徒然雑草]
2005/10/10 東京六本木「VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ」で、「銀河ヒッチハイク・ガイド」を観た。ある日、上空に現われた、無数の宇宙船。彼らの目的は、ただひとつ−−地球を爆破すること。太陽系を通る…... [続きを読む]

受信: 2005年10月14日 (金) 11時40分

« チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | カラーパープル »