« マイケル・コリンズ | トップページ | ケイト・ブランシェット »

2005年9月 3日 (土)

許されざる者

  • Unforgiven 1992年 アカデミー賞 作品賞 受賞作品
  • 監督賞(クリント・イーストウッド)
  • 助演男優賞(ジーン・ハックマン)
  • 編集賞 

正直、西部劇には興味がわかなかったのですが、クリント・イーストウッドに、やられました! 
ドラマ、ドラマ、ドラマ!

■あらすじ■ 

荒くれ者だったウィル(クリント・イーストウッド)は、今ではすっかり老け込んで、銃とは無縁の生活を子供たちと送っている。 

そこに、血気盛んなキッドが現れ、賞金がかかった2人の牧童を一緒に仕留めないかと誘われる。
子供たちを学校に通わせたいウィルは、この申し出を受けることにするが・・・。

(1992/アメリカ) ★★★★

-----------------------------

イーストウッドの老け込みに対して、子供たちがまだ幼いのが気になってしまいました(笑)。 
その子供たちのため、生活のために賞金稼ぎをすることになる老いたガンマン。

映画の中でのクリント・イーストウッドの老け込みぶりが尋常でなかったので、驚きました。
あ主演だとどうしても、格好良く映りたいとか、ヒーロー然としてたいとかありそうなものなのに(また、観ているほうも、期待してたり…)、この主人公はいつまで経ってもよれよれのジジイなのだ!

だからこそ、ラストで復讐の鬼になった主人公が、より格好良く見えてくるのでしょう。

今は改心して“人殺し”ではない、と言うウィル。 
けれど、生活のため、これから“人殺し”に行くウィル。 
矛盾した行動をとる主人公に、“人を殺す”ことについて考えさせられてしまいました。 
割りに合わないよ。

ウィルの元相棒ネッドにモーガン・フリーマン。 
モーガン・フリーマンが相棒だと、心強いし安心だね。 
また、相棒役が良く似合う人です。

町の平和を守る、俺様保安官にジーン・ハックマン。 
さすが、助演賞を貰っただけのことはある!この作品の中でピカイチでした。
雨漏りする家を一生懸命に自力で建てたり、お茶目さを残しつつも敵に回したくない人を好演。

でも、悪い人に思えなかったのだけど・・・? 
俺様ながらも、「俺様ルール」にのっとって行動しているわけで、ただの悪役には納まらないのではないでしょうか。 

不幸にも(?)復讐の目の敵にされてしまうハックマン。 
最後はあんまり、良いとこなしで少しさみしい・・・。

賞金稼ぎのイングリッシュ・ボブにリチャード・ハリス
この映画の中で、一番酷い扱いを受けているかも・・・? 
良いところ全くなしです。 
そばにいた伝記作家の方が目立ってました。

UNFORGIVEN. 許されざる者。
それは一体誰のことだったのでしょう。

疵物にされた娼婦は牧童を恨み、街の平和を守る保安官は賞金稼ぎを許さず、相棒を殺されたウィルは保安官を憎む。
憎しみの連鎖の果てに、ウィル自身が「許されざる」存在になっていたことが悲しくなりました。

|

« マイケル・コリンズ | トップページ | ケイト・ブランシェット »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5760818

この記事へのトラックバック一覧です: 許されざる者:

« マイケル・コリンズ | トップページ | ケイト・ブランシェット »