« ケイト・ブランシェット | トップページ | NANA -ナナー »

2005年9月 5日 (月)

エド・ウッド

Ed_wood ジョニー・デップ×ティム・バートン監督 コラボ2作目 

1994年度 アカデミー賞 助演男優賞(マーティン・ランドー)受賞作品。

■あらすじ■ 

映画監督を夢見るエド・ウッド(ジョニー・デップ)。 
ある日、性転換者の実話を映画化する記事を見つけ、我こそはと監督に名乗りを上げる。

たまたま知り合ったベラ・ルゴシ(マーティン・ランドー)を出演させ、なんとか映画化に こぎつけるが・・・。

“史上最低の映画監督”と呼ばれた実在の映画監督エド・ウッドのお話。

(1994/アメリカ) ★★★★

-----------------------------

実在した人と言うと、伝記映画ってジャンルになるのでしょうが、映画はコミカルに突き抜けている(笑)。
伝記映画にありがちな重さは微塵もなくて、とにかく変な人ばかりが出てくる。

類は友を呼ぶ・・・?
オカマのバニー(ビル・マーレイ)、嘘つき預言者、巨漢のレスラー・・・。

しかし、エド・ウッドが どんなに酷いものを撮っても、誰も文句を言わない。
皆から、愛されていたのでしょうね。

エド・ウッド自身が服装倒錯者なので、マイノリティーに理解があったのかもしれません。 
恋人キャシーも 「彼はどんな人でも、差別をしない」と発言していたしね。

アンゴラのふかふかに執着するエド・ウッドがキュートです。 
ジョニーの女装、似合ってましたよね。
それに、楽しそうに演じているから、こっちも楽しくなっちゃうんだよね。

まともな登場人物って最初の恋人ドロレス(サラ・ジェシカ・パーカー)だけかも?
彼女だけが、女装をしながら監督するエド・ウッドを非難する。

けれど、「まとも」って何? 「普通」ってどういうこと? 
自分に正直なエド・ウッドは、見ていて魅力的です(もちろん、演じているジョニーの魅力もありますが!)。

キャシー(パトリシア・アークエット)はエド・ウッドの女装趣味も、周りにいる変な人たちも、みんな普通に受け入れていて変わっていると言えば、変わっているかも。
いわゆる、天然? 
パトリシア・アークエットの舌足らずな しゃべり方がキュートです。

ティム・バートンの音楽ではダニー・エルフマンが有名だけど、
今回、印象に残る、B級テイストあふれる音楽を担当したのはハワード・ショア
ちょっと、サントラが欲しくなりましたー。 
ティム作品でまとめて、サントラ集を出して欲しいな。
配給が違うから、無理でしょうが・・・。

ところで気になる、「エド・ウッド監督作品」。 
観てみたいような、観たくないような・・・(笑)。

|

« ケイト・ブランシェット | トップページ | NANA -ナナー »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5801861

この記事へのトラックバック一覧です: エド・ウッド:

« ケイト・ブランシェット | トップページ | NANA -ナナー »