« ジョン・キューザック | トップページ | 8月のメモワール »

2005年9月 9日 (金)

明日に向って撃て!

Butch_cassidy_and_the_sundance_kid 「イージー・ライダー」、「俺たちに明日はない」と並ぶ、アメリカン・ニュー・シネマの代表的作品。

ちなみに「アメリカン・ニュー・シネマ」とは・・・

★1960年代後半から作られた、アンチ・ハリウッド的(スター不在・低予算・アンハッピー・バイオレンスetc.)作品を指すみたいですが、特に定義は決まってないようです。

1969年 アカデミー賞  脚本/撮影/音楽/主題歌(雨にぬれても)賞 受賞

■あらすじ■ 

要領のいいブッチ(ポール・ニューマン)と、早撃ちキッド(ロバート・レッドフォード)は、銀行強盗や列車強盗を繰り返してばかりいる。 
近代化の波が押し寄せる中で、ブッチは“ボリビアに行かないか”とキッドを誘うが、2人を捕えるための尖鋭隊が組織される。

実在したアウトローに脚色を加えて、映画化。 

(1969/アメリカ) ★★★★

-----------------------------

この作品、西部劇では無いですね。
尖鋭隊との“追いかけっこ”とか、普通の映画じゃない。 

逃げる、追う、逃げる、追う・・・。 
えぇー、こんな話なの!?って、ビックリ☆
あのまま永遠に“追いかけっこ”が続いたらどうしようかと思ったー(笑)。

しかし、観ていて一番感じたのは“男同士の友情”です。 
だから、映画が古くならないのかな。
不器用な2人だけど、そこが好きです。

ロバート・レッドフォードはこの作品でブレイクしたみたいですが、私はポール・ニューマンの方が好きでした。

愛想が良くて、要領が良くて、頭脳派、ブッチ。 
キッドの恋人エッタ(キャサリン・ロス)との、切ない恋模様が乙女心にヒットしました。

2人で自転車で出掛けるシーンとか、いいですよね~! 
唐突に流れる、“雨にぬれても”には不意打ちを食らいましたが、ポールのはじけた笑顔がステキでしたー。 
ちゃんと、腹筋が割れてたし!(笑)

そもそも、本当にボリビアへ行くとは思わなかったので、後半の展開にまたビックリ☆
そして、「俺たちに明日はない」みたいなラストシーンに、衝撃。 
格好良すぎるぅー! 一体どこまでが、脚色なんだろう。 

そういえば、この映画の洋題は「Butch Cassidy And The Sundance Kid(ブッチ・キャシディとサンダンス・キッド)」。
人名に馴染みがないからピンとこないですが、「明日に向って撃て!」と言うのは、とても良い題名ですよね!

配給会社の人には、このようなビビッと来る邦題をお願いしたいです。

|

« ジョン・キューザック | トップページ | 8月のメモワール »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/5860017

この記事へのトラックバック一覧です: 明日に向って撃て!:

« ジョン・キューザック | トップページ | 8月のメモワール »