« ★間宮兄弟★ | トップページ | ティム・バートンのコープス・ブライド »

2005年10月25日 (火)

ドミノ

Domino 「バウンティ・ハンター」=「賞金稼ぎ」

21世紀の現代に「賞金稼ぎ」が存在することに驚いてしまったけど、「賞金稼ぎ」って言うより「身柄捕捉人」だね。

アメリカには「保釈金保障会社」っていうのが、あるそうな。
その「会社」が保釈金を払って、被告人を保釈させてあげるんだけど、無事に裁判に出頭すれば保釈金の20%が「会社」に入り、被告がトンズラした場合は(大半が逃亡するらしい)保釈金は没収→赤字。

それゆえ、「会社」は逃亡した被告人の身柄を「賞金稼ぎ」を使って「確保」するんだそうだ。

凶悪犯に賞金がかかっているっていうより、「ビジネス」。 
だから「殺し」もナシ。

分かったような、分からないようなシステムですけど、アメリカってすごいな。

■あらすじ■ 

「賞金稼ぎ」のドミノ(キーラ・ナイトレイ)は、イギリスの名優ローレンス・ハーヴェイの娘。
家柄にも、容姿にも恵まれたドミノが何故、「賞金稼ぎ」に?

実在の人物、「ドミノ・ハーヴェイ」の物語を脚色して映画化。

(2005/アメリカ) ★★★

-----------------------------

トニー・スコット監督なので、期待してたんですけど・・・。

ノリの良い音楽、パンチの効いた映像。 
ミュージック・クリップ風の味付けが少しくどい映像でした。

なんとか「現代に賞金稼ぎ」という疑問は払拭されたものの、「賞金稼ぎ」という職業に肉薄はしてない。

それじゃあ、「ドミノ」の人生を描いているのかと言えば、なんか足りない。 

現実と折り合いを付けられず、はみ出し者になったドミノがようやく「賞金稼ぎ」という「天職」に就いた。 
なんていうのは「キレイごと」でしょう。

実際は「薬物中毒」に苦しんでいたらしいし、そういうのををスッパリ省いたのは商業的な思惑からでしょうか?

母親(ジャクリーン・ビセット)との関係や、ドミノのボスで父親代わりを自認するエド(ミッキー・ローク)との関係を、もっと掘り下げても 良かったかもしれません。

個人的にはチョコ(エドガー・ラミレス)の不器用な男っぷりには、強く惹かれましたが。。。 
凶暴だけど、照れ屋さんなのをスペイン語で隠したり、可愛い。
でも、砂漠?野原?での「ラブシーン」は いらなかったけど・・・。

そんな チョコ を気に入るTV局社長に クリストファー・ウォーケン。 
「あいつはサイコだ!」を連発してましたね。
そんなクリストファー・ウォーケンだって、サイコ役が似合う俳優なのに(笑)。

社長の美人秘書にはお久し振り~なミーナ・スヴァーリが出てました。

でも「TV取材」は なくても良かった気がするんだけど?
「ビバヒル」俳優の登場も、あっけにとられてしまったけど・・・邪魔!
何もせずに退場するなら、最初から いなくても良いではないかと思うのです。
登場する必要性をまるで感じなかった・・・。

FBI捜査官のルーシー・リューは良かった! 
個性的だから、脇でも光ってます☆

何気ない一言だったけれど、ドミノの母親が言う
「ドミノの名前を傷つけないで」
というセリフが、この映画を一番良く表しているかも・・・。

実在の人物を映画化した伝記モノっていうより、バウンティ・ハンターを職業に選んだ女の子の話。 
ドミノ・ハーヴェイについての理解は深まらないけれど、バウンティ・ハンターについては知ることが出来る。

|

« ★間宮兄弟★ | トップページ | ティム・バートンのコープス・ブライド »

Cinema 2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/6583119

この記事へのトラックバック一覧です: ドミノ:

» ドミノ [ネタバレ映画館]
 キーラ・ナイトレイがルーシー・リューに向かって告白する。自己紹介から始まって・・・え、自己紹介だけ?  バウンティ・ハンター仲間も含め、自己紹介だけで終わったような気がしたのです。しかも、衝撃的な事件を語るものの、何度も同じシーンを繰り返したり、どうでもいいことを延々とスタイリッシュ映像でごまかしているような印象となりました。  俳優は良かったですよ。『穴』以来久しぶりのファンサービス�... [続きを読む]

受信: 2005年10月26日 (水) 21時31分

» ドミノ [toe@cinematiclife]
バウンティハンター(=賞金稼ぎ)ってのが、現在のアメリカに実在してるなんて、知らなかったんだよね。 なんか、西部劇にでてきそうな感じじゃない。 だから、映画よりもその“バウンティハンター”に興味があって、見に行ってきた。 ちなみに、そのバウンティーハンター、具体的には、保釈金を払って保釈された人たちが、逃走してしまった場合、このバウンティーハンター達が犯罪者を捕まえに行き、無事に捕まえた場合は報酬... [続きを読む]

受信: 2005年11月 5日 (土) 00時52分

» 映画館「ドミノ」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
父は俳優、元モデル、今は賞金稼ぎ、実在の人物です!という作品。 実話といえど、どこまでが本当の話か分かりませんが波乱万丈だったのネェ~、ドミノさん。話は結構複雑に絡み合っていて興味をそそられる所も多かったのですが、何よりも同じ台詞の連呼や画面のチカチ...... [続きを読む]

受信: 2005年11月 6日 (日) 23時02分

» ドミノ [□film-navi〔フィルムナビ〕]
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのドミノ情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... [続きを読む]

受信: 2005年12月18日 (日) 03時18分

« ★間宮兄弟★ | トップページ | ティム・バートンのコープス・ブライド »