« 39 刑法第三十九条 | トップページ | さよなら、さよならハリウッド »

2005年10月 6日 (木)

シティ・オブ・エンジェル

City_of_angels オリジナルは「ベルリン 天使の詩 」。

■あらすじ■ 

天使のセス(ニコラス・ケイジ)は、寿命が来た人の魂を天国に届けるのが仕事。 
人間に興味津々のセスは、今日も迎えに来た女の子に「一番好きなもの」を聞く。

ある日、いつものように病人を迎えに来たセス。 
そこで懸命に命を救おうとする医師マギー(メグ・ライアン)と出会い、強く惹かれる。

(1998/アメリカ) ★★★☆

-----------------------------

天使役はニコラス・ケイジ。
翼のない、黒のロングコート姿の天使像が、公開当時は話題だった気がします。

そしてメグは、パーマを当ててくるくるんとした髪型がとてもキュートで大好きです。

医者のマギーは患者を死なせたことに強い絶望感を持つ。
セスはそんなマギーに惹かれて、そっと近づく。
触れ合うことは出来ないけれど、寄り添うことでマギーを守り、暖め、救うかのよう。

決して交わることは出来ないのに、見えない力で引き寄せあうのは、互いに求めているものが同じだからなのかな。
マギーはセスを必要とし、セスはマギーを必要とする。

人間に姿を見られちゃいけないくせに、セスは何度もマギーの前に姿を現すから、“上”からお咎めがあったりしないのかと心配しちゃうわ(笑)。

朝焼けの海岸に集う天使の群像。
高層ビルを背景にした天使たちの会話。
図書館で聞き耳を立てている天使たち。

至るところで私たちの生活を見守っていてくれると思うと、ちょっぴり嬉しくなる。

しかし公開時に見た印象も、今回 見た印象も「ラストが微妙・・・」。   

ラブストーリーだけど、天使が愛する人のために永遠の命を捨てて「人間」になる。 
いわゆる、人間賛歌のお話でもあるんだよね。

セスがどこまで人間を肯定して決心したのか分からないので、本当にそれで良かったの?って気がしちゃう。
元には戻れないから、最後には肯定するしかないのだけれど。。。

いつかオリジナルの「ベルリン 天使の詩」を見てみようと思います。

|

« 39 刑法第三十九条 | トップページ | さよなら、さよならハリウッド »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/6282309

この記事へのトラックバック一覧です: シティ・オブ・エンジェル:

« 39 刑法第三十九条 | トップページ | さよなら、さよならハリウッド »