« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 旅するジーンズと16歳の夏 »

2005年10月13日 (木)

アンナ・マデリーナ

Anna_magdalena 切ない片思いの話を聞かせよう。

■あらすじ■ 

ピアノの調律師ガーフ(金城 武)のアパートに、自称・小説家のモッヤン(アーロン・クォック)が転がり込む。 

しばらくして、上の部屋に越してきたマンイー(ケリー・チャン)に、ガーフは一目惚れするのだが・・・。 

(1998/香港) ★★★★

-----------------------------

切ない・・・。 片思いって、切ない・・・。

とにかく金城くん演じるガーフが切なくて私的にはヒットなんですが、
こういうのがダメな人はダメそう…(笑)。

生真面目すぎて告白も出来ずに、相手を想うばかりのさえない青年ガーフ。
静かに心の中で想うだけでは相手に届かない。

そんなガーフと対照的な、お調子者で憎めないモッヤン。
マンイーとは犬猿の仲で、会っては口論を繰り返してばかりいる。

ガーフにも望みアリかと思われたのに、ある出来事をキッカケにモッヤンとマンイーは親密になってしまう。

そうして3人の関係が変わり始め、終焉を迎える。

私はこの映画を見る時はいつも、ガーフの視点から見てしまうのですが、
モッヤンやマンイーの視点から見ても、最終的に 『切ない』 気持ちになる映画かもしれないですね。

ところどころに挿入される劇中劇は突飛で可笑しいです。
「オバサン・ケリー」は強烈なインパクトを放ってました。
ちょっと壊れ気味で(笑)。

後半はガーフが書いた「物語」を出版社に持ち込んで、映画のトーンがガラリと変わります。

出版社のシーンにはアニタ・ユンレスリー・チャンが出てるんだよね~。
出番はちょっとだけど、嬉しい!

アパートの管理人さんには、「インファナル・アフェア」のサム役エリック・ツァンが出てます。  

バッハの 「アンナ・マデリーナ」 も印象的に使われているけれど、
耳に残るのは 「未来世紀ブラジル」 でも使われている 「Brajil」 という曲!!
大好きです!この曲!
タッタッタッ・タ・タラ・タラ・タッタッタッ♪

|

« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 旅するジーンズと16歳の夏 »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/6374292

この記事へのトラックバック一覧です: アンナ・マデリーナ:

« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 旅するジーンズと16歳の夏 »