« ベルベット・レイン | トップページ | タイムライン »

2005年10月20日 (木)

頭文字<イニシャル> D

Initial_d 交通ルールを守りましょう。

映画本編前に 「マネしないように」 とテロップが入るけれど、確かに危険ですよね。 
一歩 間違えれば、死ぬよ・・・。

■あらすじ■

家業の豆腐屋の配達を手伝ううちに、天才的なドライビング テクニックを身に付けた“藤原 拓海”(ジェイ・チョウ)。 
親友の“樹”(チャップマン・トウ)が秋名山のバトルに燃えるのを尻目に拓海の興味は幼なじみの “なつき”(鈴木 杏)だけ。

樹が“中里 毅”(ショーン・ユー)にバトルで惨敗した日、いつもの豆腐の配達中に拓海は毅の車を追い抜く。

拓海の乗っていた“ハチロク”の噂は広まり、バトルに参加することになるのだが・・・。

(2005/香港) ★★★

-----------------------------

車の運転の上手い男性はポイントが高い!

劇中、なつきちゃん は 拓海の車の運転を褒めてましたが、私も どんな車に乗っているかより、どんな車の運転をするかが大事だと思います!  

車種も満足に判らない程、車に疎いんだけどさ(笑)。 

そんな状態で観てしまったのですが、意外と魅入ってしまいました。

“走り屋”って親切な人もいるのですね。

身近な“走り屋”といえば、深夜に他人の迷惑を考えずに爆走している“暴走族”の方々ですが、映画の“走り屋”は“暴走族”とは違うんですね。 
どう違うかは、よく知らないし説明できないけど。

拓海に改造車のことを親切に教えてあげたり、乱暴・暴力を働かない “走り屋” のみなさん。 

公道を封鎖したり、違法行為も行っているけれど、マナーが守られていると 何故かすがすがしいです(笑)。

主人公・拓海のひょうひょうとしたカンジも良かったし、ライバルの“高橋 涼介”(エディソン・チャン)と毅の関係も、ギスギスしていないのが新鮮でした。

拓海の父、“藤原 文太”(アンソニー・ウォン)が 実は 伝説的な走り屋だったっていうのは、いかにもってカンジでしたけど。
このお父さん、アルコール依存症なんですか? 
ちょっと、ヤバイよ・・・。
あんなに飲んで、そうそうにアルコールは抜けない気がするのですが、車に乗って大丈夫なんでしょうか・・・。

走り屋バトルと平行して展開していく、拓海と なつき の恋模様だけど、“なつきちゃんの秘密”に衝撃!!

裏に何かあると思っていただけに、あのラストにはビックリです。 
あんな終わり方って!!
続編でもあるのかと思わせます・・・。

肝心の“ドリフト”とか“溝落とし”とかは、さっぱり判らなかったけど、なんかすごかったよ。   

やってみたいとも、乗ってみたいとも、実際に見てみたいとも思わなかったけど、映画で観る分には充分 迫力がありました。

しかし、現実世界では、交通ルールは守らなきゃね!

世のため、人のため、自分のために、
私はこれからもペーパードライバーでいようと思います(笑)。

|

« ベルベット・レイン | トップページ | タイムライン »

Cinema 2005」カテゴリの記事

コメント

TBありがとう。
ありゃ、そんなテロップ入っていたっけ。
香港なんかでも、「走り屋」が急増中という話を聞きました。

投稿: kimion20002000 | 2006年3月13日 (月) 17時32分

>kimion20002000さん

こちらこそTB&コメント、ありがとうございます!
テロップなかったですか???
DVD版にはついてないのでしょうか?
へぇ!「走り屋」急増中ですか!
きっとファンには榛名山で走ることが夢なんでしょうね!

投稿: 双葉 | 2006年3月14日 (火) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/6485798

この記事へのトラックバック一覧です: 頭文字<イニシャル> D:

» 頭文字[イニシャル]D THE MOVIE [ネタバレ映画館]
 『インファナル・アフェア』で儲けたスタッフ、キャストが日本進出!  藤原家の内部、階段踊り場にあるサッポロビールのポスターが印象的。時代設定はいつなんだと、藤原家の映像に切り替わると突然タイムトリップしてしまいそうです。拓海の父親が茶の間で寝ている傍らには少年マガジンと週刊夕日が雑然と置いてある。電話はプッシュホンだが、かなり古い。もしやこの一角だけがトレノAE86に合わせてタイムトリッ�... [続きを読む]

受信: 2005年10月21日 (金) 18時58分

» 頭文字D THE MOVIE [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
ありえないくらい、映画の感想あげるのが遅くなっています。 先日、感想をあげた「ALWAYS 三丁目の夕日」よりも もっと前に観ていました(;・∀・) 正確にいうと9月に観たヤツだし…。 どんだけ感想あげるの遅いんですか…orz 「頭文字D THE MOVIE」2005年公...... [続きを読む]

受信: 2005年11月 3日 (木) 18時08分

» 今日、サロンシネマで「頭文字D」見てきました。 [かなやす日記]
新年初の映画として、今日、サロンシネマ(ジストシネマの中にある)で「頭文字D」を見てきました。 確か内容は、豆腐屋の自家用車を使って山の公道をサーキットに見立てて、車のレースをする内容の映画ですが、結構面白かったですし、ハラハラした映画でしたよ。 特に山を下る時のサーキットのシーンは手に汗握るような決行スリリングなシーンが多かったです。 でもこの映画を見たからといって、スピード違反はいたしませんので、皆さんもこの映画を見て、スピード違反には絶対に気をつけて安全運転を・・・。...... [続きを読む]

受信: 2006年1月 2日 (月) 14時36分

» 頭文字D THE MOVIE−(映画:今年22本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:アンドリュー・ラウ 出演:ジェイ・チョウ、鈴木杏、エディソン・チャン、ショーン・ユー、アンソニー・ウォン、チャップマン・トウ、ケニー・ビー、ジョーダン・チャン、リュウ・ケンホン 評価:90点(100点満点) 公式サイト 頭文字Dです...... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 23時19分

» 頭文字[イニシャル]D THE MOVIE 06年33本目 [猫姫じゃ]
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE 峠の振りで、この映画。 できすぎ? 夏の夜風は、切ないね。援交女だって、あなたを成長させた、大切な人。 微妙な映画ですね。藤原とうふ店の息子が、中国語しゃべっちゃ、、、だから、吹き替えで見るんだケド、これもね、、、吹き...... [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 15時38分

» NO.134「頭文字<イニシャル>D」(香港/アンドリュー・ラウ+アラン・マック監督) [サーカスな日々]
榛名の「藤原とうふ屋」に、 アジアの若者達が巡礼するだろう。 まったくといっていいほど車を転がさない僕がみても、痛快な仕上がりの娯楽映画である。「下り最速」と聞いて、頭がキーンと来る多くの飛ばし屋野郎(たまに姐御)にとっては、スペシャルBOX買っても、お釣りがきますね。 しげの秀一のコミック「頭文字D」。「ヤングマガジン」で10年連載され3900万部という気の遠くなるような単行本を売り上げた「頭... [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 23時21分

« ベルベット・レイン | トップページ | タイムライン »