« 未来世紀ブラジル | トップページ | ポビーとディンガン »

2005年11月29日 (火)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

Harry_potter_and_the_goblet_of_fire ドビーが登場しなかったのは、「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムに比べて、人気薄だからでしょうか・・・。

なんて、のたまってみましたが、実際のところ「ドビー」は人気あるのか、ないのか良く判りませんね(笑)。 

今回、「ドビー、しいては“屋敷しもべ妖精”」のシークエンスは、ばっさりカット! 
脚本の長さに関係しているのでしょう。 
全部を映像化したら、それこそ「前編」「後編」の2部作になっちゃうものね。

■あらすじ■ 

クィディッチ・ワールドカップが開催され 興奮冷めやらぬ その夜、デス・イーター(死食い人)によって「闇の印」が不気味に夜空に浮かび上がる。

不穏な空気の中、新学期を迎えるが、数百年ぶりに“三大魔法学校対抗試合”が開催される。

“ボーバトン校”代表は、フラー・デラクール。

“ダームストラング校”代表は、ビクトール・クラム。

“ホグワーツ校”代表は、セドリック・ディゴリー。

そして、年齢制限のため参加資格のないはずのハリー(ダニエル・ラドクリフ)が、4人目の選手として選ばれてしまう。

(2005/アメリカ) ★★★☆

-----------------------------

それにしても、ロン(ルパート・グリント)は置いておくとして(笑)、ハリーのロン毛はあんまり似合ってないと思うよ。
ハーマイオニー(エマ・ワトソン)からも、言ってやって!(笑)

今までの「ハリー・ポッター」がハリーの成長を描いているとしたら、今回は「イベントムービー」でやや物足りなさも・・・。 

“三大魔法学校対抗試合”という、「イベント」。

“ヴォルデモート(闇の帝王)復活”という、「イベント」。

ハリー自身の成長は、あんまり見られないかな。
だって、試合のヒントを貰ってばかりいるんだもん。

とは言っても、何も無い訳ではなくて、やってくるのは避けては通れない思春期! 
ハリーの「初恋」。

お相手、チョウ・チャンはイメージと違い「お姉さま」なカンジでした。 

ハリーってば、近くにかわい子ちゃん(死語)がいるのにね~ぇ。 
ハリーとロン、そしてハーマイオニー。 
これから、3人はどんな風に関係が変わっていくのでしょうね。 

3人の“恋のもつれ”を見てみたいと思っているのは私だけ?
密かに期待してるんですが・・・。

原作の情報量をさばくため、スネイプ先生(アラン・リックマン)の秘密とか、あっさり片付けられちゃって物足りなさも 有りました。
結構、大事なとこだと思っていたのに。

しかし、脇目も振らずに ひたすら「ハリー」に焦点を絞っていたので、「映画」としては見やすかったです。 

心配なのは、シリーズで通して見た時に、次の「不死鳥の騎士団」にちゃんとつながるのかな?ってこと。
ま、そこはちゃんと押さえてあるのでしょうけど。

新たに登場したキャラクターでは、リータ・スキータ(ミランダ・リチャードソン)がハマってました~! 
原作では、憎たらしくて嫌いなんですが、映画版は許せる(笑)。
コミカルで可愛らしい人ですね。 
語尾の「ザンス」も許せるくらいに。

毎度、お騒がせな“闇の魔術に対する防衛術”の新教授 マッド・アイ・ムーディ(ブレンダン・グリーソン)は、“魔法の眼”にガックリ↓きました。

右眼と左眼のバランスが悪いし、明らかにニセモノっぽいおもちゃのような“眼”だった。
もう少し本物っぽい眼球にして欲しかったです。

ダンスパーティーのシーンでは、イギリス監督らしい正統派な舞踏会を感じました。

そして最大の目玉シーン。
ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の御姿! 
ご覧になった方はどうでした?

私は“鼻”が気になって仕方がなかった! 
“ヘビ”なのは分かるけど、“バケモノ”っぽい・・・。

折角のレイフの美顔を台無しにしちゃうなんてもったいないなぁ。 

レイフ・ファインズの瞳って、ちょっと悲しげで好きなので、瞳だけでも いじられなくて良かったです! 
次回作までには、ヴォルデモート卿の姿がマシになっていることを祈ろう。

|

« 未来世紀ブラジル | トップページ | ポビーとディンガン »

Cinema 2005」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
お名前が一緒みたいで、見つけて飛んできてしまいました(笑)
よろしくお願いいたします。

投稿: foo | 2005年12月 5日 (月) 16時28分

>fooさん

はじめまして。
お名前が一緒!!私ってば、なんて恐れ多いことをっ!
ブログ、拝見させていただきましたがステキでした~。

こちらこそ、よろしくお願い致します!

投稿: 双葉 | 2005年12月 5日 (月) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/7370024

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと炎のゴブレット:

» ハリー・ポッターと炎のゴブレット [毎週水曜日にMOVIE!]
白状すると、今回は絶対当たらないけど絶対行きたいと思っていた、「ハリーポッターと炎のゴブレット」のジャパンプレミア。オークションで購入した途端、当選はがき到着。 ・・2日前でした。そして、昼の14時の会では、誰にも一緒に行ってもらえず、途方にくれましたが、運よく引き取ってもらい、レディースデイ価格ぐらいでいけました。 前置きが長くなりましたが、この「炎のゴブレット」は、初めて日本語じゃない言語で読んだハリーです。で、原書かと思いきや韓国語で読んだんですね。 その頃、ソウルに住んでいて、... [続きを読む]

受信: 2005年12月 5日 (月) 16時28分

» 映画館「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
ハリポタシリーズは「賢者の石」「秘密の部屋」は劇場で観ましたが「アズガバンの囚人」はまだ観ていませんでした。シリーズモノは、きちんと順序どおりに観るようにしているのですが、大丈夫かなと思って観てしまいました。しかし「アズガバン」というのが今回の作品にも...... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火) 14時40分

» ハリー・ポッターと炎のゴブレット [日々映画三昧]
オフィシャルサイト → ハリー・ポッターと炎のゴブレット クィディッチ・ワールドカップ決勝戦の最中、空に不吉な「闇の印」が現れた。不穏な空気の中で迎えた新学期、ホグワーツで [続きを読む]

受信: 2005年12月14日 (水) 12時50分

» ハリーポッターが子どもを怪我からまもる:Harry Potter protects children from injury [lab-a.sakura.ne.jp]
2005年7月には第6巻「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 "Harry Potter and the Half-Blood Prince ” が出版され(日本語版は2006年出版予定)、映画も4作目の「HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE, ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が公開中です。 ... [続きを読む]

受信: 2005年12月29日 (木) 18時53分

» 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」さよなら子供時代 [soramove]
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演 マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカ この冬一番の大作が いよいよ公開! 「ロード・オブ・ザ・リング」に うつつを抜かしていたので 「ハ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月 4日 (水) 22時18分

» 役年齢と実年齢の差が!どうなる?『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 [映画はトモダチ]
やっと、見てきました~。 やはりというか、ありきたりではありますが、思ったとおりのすばらしい作品でした。 【作品紹介】 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 監督 : マイク・ニューウェル 出演 : ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント ス..... [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 22時49分

« 未来世紀ブラジル | トップページ | ポビーとディンガン »