« Jの悲劇 | トップページ | ハリー・ポッターと炎のゴブレット »

2005年11月27日 (日)

未来世紀ブラジル

Brazil 極上のナイトメアを・・・。

■あらすじ■

20世紀のどこかの国。 
情報局に勤めるサム(ジョナサン・プライス)は、ヒーローになった自分が 夢の中の“金髪の娘”(キム・グライスト) と大空を飛び回る空想に浸っていた。

ある日、印字ミスの事後処理のため訪れたアパートでサムは、夢の中の“金髪の娘”に出会う。

(1985/イギリス) ★★★★★

-----------------------------

管理社会をたっぷり皮肉っていて、書類書類の山なのに苦笑い。

あとはテリー・ギリアム監督のイマジネーションに、ただ感服します。
書類を筒に入れてやり取りする様は、今で言う「Eメール」ですよね。

「紙」と「パイプ」。
「アナログ」と「ハイテク」。

その同居感が面白いと思うし、「21世紀」になっちゃったけど、まだまだ古くないよね、この映画。

コンクリートとパイプの「灰色=無機質」さ。 
整形手術の「グロテスク」さ。 
夢に登場する「消える大魔神」(笑)。

意味不明な判らなさも含めて、全てが面白い。

そして更には、「夢」と「現」の境が曖昧になって、訳が分からなくなる。
かと思ったら・・・な、終わり方も好き! 

全編にいろんなアレンジでかかる 「Brajil」 が印象的で、この曲を聴くとこの映画を思い出してしまいます。 

クリップで留められた頬のたるみと、ラップでグルグル巻きにされた顔にはかなりの衝撃を受けました。

そして、紙くずに埋もれるハリー(ロバート・デ・ニーロ!若い!)にも。

でも、なんと言っても主人公サム役のジョナサン・プライス。 

この人が主人公?(失礼な!)という、しょぼくれたサラリーマン役が一転、夢の中ではものすごい格好してヒーローを演じてる。 

かなりのサプライズです。

|

« Jの悲劇 | トップページ | ハリー・ポッターと炎のゴブレット »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/7336309

この記事へのトラックバック一覧です: 未来世紀ブラジル:

« Jの悲劇 | トップページ | ハリー・ポッターと炎のゴブレット »