« ディック&ジェーン 復讐は最高! | トップページ | セント・オブ・ウーマン 夢の香り »

2005年12月29日 (木)

サハラ 死の砂漠を脱出せよ

Sahara 私が考古学モノが好きなのは、“インディ・ジョーンズ”のせいだと思う。

今回のヒーローは“ダーク・ピット”
果たして彼も、映画史に名が残せるでしょうか?

■あらすじ■

南北戦争時に忽然と姿を消した“甲鉄艦テキサス”の手がかりになる1枚の金貨を手に入れたNUMA(国立海中海洋機関)エージェントのダーク・ピット(マシュー・マコノヒー)は、金貨発見の地・マリに向う。

一方、WHO(世界保健機構)の研究医エヴァ(ペネロペ・クルス)は、謎の病原体の感染源がマリであると判断し、ピットたちのボートに同乗させてもらう。

(2005/アメリカ) ★★

-----------------------------

南北戦争? NUMA(国立海中海洋機関)? 

さっぱり、話についていけそうになかったけど、心配は無用でした。  

研究室のオープニングはいろいろ伏線が隠されているんじゃないかと邪推して、一生懸命に見ちゃった。
そんな必要はなかった(笑)。

サンデッカー提督に曲者俳優のウィリアム・H・メイシーなので、もしや、こやつ悪人か?と、穿ったことを思ってしまったり、どうも素直に見られなかったな。 

提督は最後までいい人でした。 
愛用のボートも格好良かった(爆破されるけど)。 

マシューは鍛え上げた肉体で、“ダーク・ピット”を好演していたのではないでしょうか。 
私は筋肉フェチじゃないので、あんまり惹かれなかったけどね! 

そもそも、ああいう軽いノリなのを予期していなかったので、そのあたりで思っていたのと大分違いました。 

ダークとエヴァの恋模様なんて、あんなのでいいんだ~っていうくらい、あっさり。 

そのまま、実生活にも重なって、ペネロペがマシューにメロメロなのは良く分かったけど(笑)。

好きなのは、ダーク・ピットの相棒アル(スティーブ・ザーン)です。 

帽子をよく失くしたりする、お茶目さんでした。 

ダークとアルの掛け合いは、仲の良さが出ていて見ていて楽しかったです♪ 

しかし、キャラクターの軽さがストーリーの軽さにもつながっているのか、内容の薄い話だったのが残念でした。

|

« ディック&ジェーン 復讐は最高! | トップページ | セント・オブ・ウーマン 夢の香り »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/7884861

この記事へのトラックバック一覧です: サハラ 死の砂漠を脱出せよ:

« ディック&ジェーン 復讐は最高! | トップページ | セント・オブ・ウーマン 夢の香り »