« 巴里の恋愛協奏曲 | トップページ | オドレイ・トトゥ »

2006年1月 3日 (火)

ベルリン、僕らの革命

Edukators 高い志と 熱い思いを持った肉体が武器。
僕たちは思想で武装する。

■あらすじ■

正義感の強いヤン(ダニエル・ブリュール)とピーター(スタイプ・エルツェッグ)は15年来の親友。 

彼らは“エデュケーターズ”と名乗り、留守中の金持ちの家に押し入っては部屋を荒らし、「ぜいたくは終わりだ!」とメッセージを残して 家人に恐怖を与える活動をしていた。

しかしピーターの旅行中に、ヤンがピーターの恋人ユール(ユリア・イェンチ)を仲間に引き込んでしまったことから、歯車が狂い始める。

(2004年/ドイツ) ★★★

-----------------------------

恋愛と革命は、相容れない関係。

若い男2人と女1人・・・話は当然のように恋愛のもつれに展開するのでした。

前半部分のヤンとユールの家宅侵入シーンでは、酔っ払いユールに かなり腹が立ちます。
酔った勢いで(?)後先、見ずに行動する。 

理性的に行動できない人って苦手。 
ついでに酔っ払いは、大大大嫌い!!(笑)

しかも、犯罪中にラブモードに突入するしさ・・・。
おいおいおい!!逃げないの?

しらふのはずのヤンはユールに押されっぱなし、君がしっかりしなくてどうするの! 
全く、女の子に弱いんだから!
と、心内で毒づきながら観てました(笑)。

しかし予想外の誘拐劇に発展してからは、結構、面白かったです。

特に人質のハーデンベルク(ブルクハルト・クラウスナー)が良かったですね!

最初は身体を拘束されて身動きが取れないけど、次第に若者に打ち解けていくのが面白い。

美味しそうにパスタを食べ、洗濯に勤しみ、コーヒーを入れる。 
いきいきしてましたね、ハーデンベルクのおじさん。

そして、ついには自由に小屋を動き回っていたし。

実はおじさんは過去に・・・というのも含め、テーブルで交わす議論も世代間の考え方の違いが よく出ていたと思う。

けど、若者の主張も判るけど、おじさんの言葉のほうがしっくり来る自分は、俗世間にどっぷり漬かって生きているんだょぉ・・・。

人生、崖っぷちの3人にどのような結末が待っているのか、見当も付かなかったけど、彼らはいつまで そのままでいられるのかな。

大人になることを拒否したようなラストシーンに、少し失望感を抱いてしまいました。

|

« 巴里の恋愛協奏曲 | トップページ | オドレイ・トトゥ »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/7969499

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン、僕らの革命:

« 巴里の恋愛協奏曲 | トップページ | オドレイ・トトゥ »