« 男たちの大和 YAMATO | トップページ | 輪廻 »

2006年1月27日 (金)

プライドと偏見

Pride_and_prejudice プライドからくる偏見。

■あらすじ■

18世紀末のイギリス。 
女性には相続権がないため、5人姉妹がいるベネット家は父親(ドナルド・サザーランド)が亡くなれば、家と土地を失い路頭に迷うことになる。 

母親(ブレンダ・ブレッシン)は娘たちを資産家と結婚させようと躍起だが、ある日、ベネット家の隣に 大富豪ビングリー(サイモン・ウッズ)が引っ越してくる。

舞踏会の夜、次女のエリザベス(キーラ・ナイトレイ)は ビングリーの親友で気位の高いダーシー(マシュー・マクファディン)が自分を侮辱する言葉を聴き 反感を抱く。

(2005/イギリス) ★★★★

----------------------------

Mr.ダーシーはコリン・ファースの当たり役だけど、今回の映画ではキーラとは釣り合いが取れないものね。

そんなところにやって来た、マシュー・マクファディンは大変だったかもしれないけど、全然、知らない俳優さんだったので、それが返って良かったです。
先入観なく、見ることが出来ました。

ウィッカム役のルパート・フレンドはオーランド・ブルームに 似てるね! 

ジェナ・マーロンが15歳の末娘を演じているのにも驚き。 
違和感はないけど、今、いくつなったんだろう~。  

結婚が全て、結婚しなくちゃ生きていけない。 
そんな時代の中で、自分の言葉を持ち、すっと立っているエリザベスの姿がステキです。

意志の強さゆえに、意固地にもなりやすい頑固者。 
周りに迎合しないで生きるエリザベスは、かなり変わった娘だったのかも。

長女と三女は大人しいのに、対照的なのが母親と、四女、末娘。
時代に身を任せ、目の前のことにしか関心が持てない愚かさを体現。 

きゃあきゃあ とうるさい騒がしさと、物静かな静謐の時間の対比。

次女のエリザベスは、静かなグループに属してはいるけれど、内には激しい感情を持っている。 
突然の通り雨や崖に立って風を受けるシーンがよくエリザベスの気性を現しています。

誤解と偏見、小さなプライドが邪魔をして、真実を曇らせる。

晴れたら、きっと、虹がかかる。

|

« 男たちの大和 YAMATO | トップページ | 輪廻 »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。トラバしました。
ノニーとナタリーは、似てるとは思わなかったの
ですが、キーラはノニーとナタリーに似てますよね。そしてアゴが出てる(笑)

投稿: YOSHIYU機 | 2006年2月 5日 (日) 21時39分

>YOSHIYU機さん

はじめまして!
TB&コメントをありがとうございます。

「スター・ウォーズ エピソード1」では、ナタリーの影武者を演じていただけあって、キーラとナタリーは似ていますよね。
「プライドと偏見」の予告編でもナタリーを思い出してしまいました。

角度によってはウィノナにも時々、似ている気がするんです。

アゴが出ていても人気女優!売れっ子なのは凄いですよね。

投稿: 双葉 | 2006年2月 6日 (月) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/8356962

この記事へのトラックバック一覧です: プライドと偏見:

» 映画館「プライドと偏見」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少なりとも差...... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 21時51分

» プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン主演 ジェーン・オースティン原作の映画化 18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーに ベネット家があります その時代は階級による支配関係がまだはっきりしていました ベネット家は一応使用人を使える身分なのですが いたって質素な暮らし 世話好きでおしゃべりな母親と 紳士風ですがあまり稼ぎの無い父親 それと5人の娘達 家系を継ぐ男子はいなく夫が亡くなると 家と財産は 遠縁で神父のコリンズ氏が受け継ぐ事になります 母親は... [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 09時56分

» 「プライドと偏見」を観ました。 [GOOD☆NEWS]
1月14日から公開されているキーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」を観てきました。イギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」の映画化だそうです。・・・が、私は今まで恋愛物や純文学は苦手で殆ど読まなかったので、この「高慢と偏見」...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 1日 (水) 10時12分

» 『プライドと偏見』’05・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ18世紀末。イギリスの田舎町が舞台。娘ばかり5人のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリーが引っ越してくる。美しく慎み深い長女ジェーンと読書が好きで才気溢れる次女のエリザベス。そして、快活なビングリーとその親友で気位の高いダーシー。ジェーン...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 21時36分

» ★プライドと偏見@池袋ヒューマックスシネマズ:土曜日午後 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
イギリスの広大で美しい田園に嵐のような雨が降っている。 男と女がふたり、激しい雨に叩きつけられている。 男はこの雨のような激しい胸の内を、今、同じく雨に打たれている美女に打ち明けようとしている。 「貴女とお姉さんは違うが、貴女のご両親と妹さんたちはあまりにも..... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 16時34分

« 男たちの大和 YAMATO | トップページ | 輪廻 »