« 県庁の星 | トップページ | 猟人日記 »

2006年2月22日 (水)

クラッシュ

Crash ハコに乗って遠くかの地へ「映画」を観に行く。 

機械的な言葉しか交わさないまま、また、ハコに乗っておうちへ帰る。

乾いた心はアメリカも日本も同じ。

ただ「人種のるつぼ」アメリカの、人種差別は根深い・・・。 

■あらすじ■

深夜のロサンゼルス。 
ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚で恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれる。
グラハムは事故現場の脇で発見された死体に引きつけられる・・・。

その前日。 
ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)は銃砲店で護身用の拳銃を、娘のドリ(バハー・スーメク)の取り成しで購入する。

いつも差別にイラついている、アンソニー(クリス・“リュダクリス”・ブリッジス)とピーター(ラレンツ・テイト)の黒人2人組み。 

彼らを見た瞬間に怯えた素振りを見せた女性ジーン(サンドラ・ブロック)に腹を立て、ジーンとその夫で地方検事のリック(ブレンダン・フレイザー)に銃を突きつけ、車を強奪。

カージャックに遭ったジーンとリックは家の鍵を交換するが、やってきた鍵屋のダニエル(マイケル・ペニャ)がヒスパニック系でスキンヘッドにタトゥーという身なりのためジーンは警戒する。 

警察に手配されたジーンとリックの車の捜査中、人種差別主義者のベテラン警官ライアン(マット・ディロン)と新米警官ハンセン(ライアン・フィリップ)は、明らかに事件とは関係のないTVディレクターのキャメロン(テレンス・ハワード)とその妻クリスティン(サンディ・ニュートン)を職務質問する。

(2005/アメリカ) ★★★★☆

-----------------------------

アンサンブル・キャストの脚本が見事です! 

アカデミー賞には脚本賞も含めて、6部門でノミネートされました!!

何気ない出来事が、見ず知らずの他人との衝突を生み出す。 
必ずどこかでつながっている。 

傷つき、傷つけ、何かを掴む。

解からないから、解かりあいたい。

人間としての根源的な衝動。 

言葉で、身体で、ぶつかり合いたい。 

人種差別主義者の警官を演じたマット・ディロンが、アカデミー賞助演男優賞にノミネート。 

個人的にはTVディレクターを演じたテレンス・ハワードと、鍵屋のマイケル・ペニャが印象深かったです。 
透明マントのエピソードは、子役も可愛くて良かった!

テレンス・ハワードは別の作品「ハッスル&フロー 」で、主演男優賞にノミネートされているのですね! 

スクリーンを豊かに彩る有色人種の俳優陣に比べると、白人俳優は淡白な気もしました。 
そこがやけにリアルでもあるけど。

偏見に基づく油断の危うさ。 誤解。 

「人種のるつぼ」アメリカで生活する困難さに、日本に生まれてよかったと思ってしまったけれど、自分の心を見つめれば偏見はここにも存在する。 

|

« 県庁の星 | トップページ | 猟人日記 »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/8778140

この記事へのトラックバック一覧です: クラッシュ:

» クラッシュ CRASH [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演 豪華な出演者達が織り成す群像劇 人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・ アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています  そこでの人種差別を真正面から描いた映画でした 自動車事故が起き 多様な人々の接点が微妙に関わっていきます アフリカ系で白人敵視をしている アンソニー (ルダクリス) とピーター (ラレンツ・テイト) リック (ブレンダン・フレイザー) とジーン (サンドラ・ブロッ... [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 00時23分

» 『クラッシュ』’05・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじクリスマスを間近に控えたロサンゼルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚のヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)と娘のドリ(バハー・スーメク)。黒人青年アンソニー(クリス...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 20時29分

» 人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然事故現場脇...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 08時43分

« 県庁の星 | トップページ | 猟人日記 »