« アサルト13 要塞警察 | トップページ | 県庁の星 »

2006年2月20日 (月)

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

Walk_the_line ジョニー・キャッシュとジューン・カーター。

知らないのに(無謀にも)観に行く。 

最近、そういうの多い・・・。 
でも、10数年かけて初恋を実らせるって聞いたら、観てみたくなったのです。 

アカデミー賞にも5部門ノミネート!!

■あらすじ■ 

1944年、失業救済局作業場で暮らす、12歳のジョニーと兄のジャック、父のレイ(ロバート・パトリック)、母のキャリー(シェルビー・リン)一家。

貧しい生活の中でジョニーの慰めは、牧師を目指す兄ジャックの優しさと ラジオから流れてくるジューン・カーターの歌声だった。 

しかし、最愛の兄を事故で失い、父親になじられたことからジョニーの心に消せない傷が残る。

1952年、空軍に入隊したジョニー(ホアキン・フェニックス)はギターを手に入れ作曲を開始。 2年後、除隊しヴィヴィアン(ジニファー・グッドウィン)と結婚、訪問セールスの仕事につく。

家賃の支払いも滞るようになりお金に窮したジョニーはサン・レコードに飛び込み、オーディションを受け合格。 プロ・ミュージシャンとして第一歩を踏み出す。

サン・レコード所属の他のミュージシャンと全米を回るツアー中、少年時代からの憧れだったジューン・カーター(リース・ウィザースプーン)と出会う。 

(2005/アメリカ) ★★★★

-----------------------------

出会った時はお互いに家庭をもつ身だったんですね。
純愛とは違うのかもしれないけど、2人がソウルメイトだったのは間違いないんでしょうね。

満たされない心、ジューンへの愛。 
歌に乗せてジョニーの気持ちが表現されていて良かったです。 

ジョニーが「アイ・ウォーク・ザ・ライン」を歌うところは特に好きです。

自分たちの声でで歌い上げた主演2人の熱演! 
リース・ウィザースプーンはオスカーを貰うかもしれないですね。
一心に愛される女性、ダメ男を優しく包んでしまう母性。 
女性からも男性からも支持がありそうです。

簡単にドラッグの誘惑にハマってしまうジョニー、逮捕されてボロボロになるジョニー。 
再起をかけるがなかなかドラッグから抜け出せない・・・。

後半は駆け足な気がしたけど、上映時間136分は商業的に成り立つぎりぎりな時間だったのかな? 

「ウォーク・ザ・ライン」 

待っている先に幸せがあるのを知っているならば、まっすぐに歩き続けることが出来るかもしれない。 

けれど、何も見えない不安から 寄り道ばかりを繰り返す。 

それでも、前に進みたいです。 

|

« アサルト13 要塞警察 | トップページ | 県庁の星 »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/8747396

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーク・ザ・ライン 君につづく道:

» ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 WALK THE LINE [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ホアキン・フェニックス、リース・ウィザースプーン主演 カントリー・ウエスタンのジョニー・キャッシュの伝記 J.Rはお兄さんのジャックが大好きです ある時そのお兄さんが不慮の事故で亡くなります ジャックが亡くなったのは J.Rが悪いと父親は責めつけます J.R空軍に入り J.Rの名前からジョニー・R・キャッシュ改名 入隊後に買ったギターで フォルサム刑務所についての歌を作ります 退役後ヴィヴィアンと結婚し、訪問セールマンとして働くのですが なかなか生活が楽になりません そこで音楽でお金を稼ごう... [続きを読む]

受信: 2006年2月23日 (木) 19時17分

» 「ウォーク・ザ・ライン」、破天荒な生き様と魂の歌 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 「洋楽」のほとんどが好きな僕にとって、唯一苦手なのがカントリー音楽。それでも、伝説的なカントリー歌手、ジョニー・キャッシュ(1931〜2002)ぐらいは知っている。で、彼の生涯を描いたという「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」を軽い気持ちで観に行った。...... [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 22時26分

« アサルト13 要塞警察 | トップページ | 県庁の星 »