« スプリング・ガーデンの恋人 | トップページ | パニッシャー »

2006年3月27日 (月)

幸せになる彼氏の選び方 負け犬な私の恋愛日記

Im_with_lucy 原題は「I’m with Lucy」 

配給会社の方には、多くの人から長く愛される邦題をお願いしたいです。 

■あらすじ■

突然、恋人のピーターから別れを告げられたルーシー(モニカ・ポッター)。 失意のルーシーに、姉はブラインド・デートを勧める。

昆虫学者のダグ(ジョン・ハナー)、脚本家のガブリエル(ガエル・ガルシア・ベルナル)、元野球選手のボビー(アンソニー・ラパグリア)、IT会社に勤めるバリー(ヘンリー・トーマス)、整形外科のルーク(デヴィッド・ボレアナズ)とデートを重ね、ルーシーが最終的に選んだ相手は・・・?

(2002/アメリカ) ★★

-----------------------------

頑固で理屈っぽい、不器用なルーシーには親近感。 相手の男性のタイプに応じて、コロコロ態度を変えるのも上手かったです。

演じているモニカ・ポッターはジュリア・ロバーツ似の美人女優さん♪

後半まで見ないと ルーシーが選んだ相手が誰なのか判らない展開も、5人5様な男性陣も、良いとは思うのですが・・・描き込み不足の感は否めず、です。 

ブラインド・デートだから仕方ないのかもしれないですが、デート1日でサヨナラって言うのが、微妙に不満(笑)。

不満があるから関係が長く続かないのだろうけど、努力しないルーシーの姿勢に多くの支持が得られるのかは疑問です。 

少なくとも私はダメって納得できるまで、頑張ってみたら?と、思いました。

頑張れないのは、やっぱりタイプの男性じゃないからでしょうか。。。(笑)

ルーシーが誰を選んだかは【秘密】にするとして、私だったら誰を選ぶかな。

デートしてみたいのは、ガエル君と言いたいところですが(笑)、昆虫学者のダグでしょうかね。 

ルーシーを見守る目が暖かくて、朴訥とした素朴さが魅力でした。 包容力も何気にありそう・・・。 

ガエル君は出てきても、セリフを言っているか、キスしているかでした(-_-;)。 

なんて贅沢な使われ方(笑)。 折角、出演しているのだから、もっと出番を増やしてくれてもいいのにぃ!

ルーシーに言わせると、「理想の人と必要な人はちがう」のだそうだ。

なるほど とも思うが、限りなく「理想の人」が「必要な人」に近いことを望んでしまいます。

|

« スプリング・ガーデンの恋人 | トップページ | パニッシャー »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/9276483

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せになる彼氏の選び方 負け犬な私の恋愛日記:

« スプリング・ガーデンの恋人 | トップページ | パニッシャー »