« シンデレラ・ストーリー | トップページ | ブロークバック・マウンテン »

2006年3月20日 (月)

サーティーン あの頃欲しかった愛のこと

Thirteen 今どきの若い娘って・・・(絶句)。

■あらすじ■

13歳のトレイシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)は母親メラニー(ホリー・ハンター)と兄メイソンの3人暮らし。 素直で多感な少女だったトレイシーに、ある日転機が訪れる。

学校で一番人気のイーヴィ(ニッキー・リード)に憧れ、彼女に近づくために それまでの子供っぽい服を脱ぎ捨てる。 

2人は急速に仲良くなり、トレイシーはイーヴィに倣い ボディ・ピアスやドラッグにも手を出すようになる。

(2003/アメリカ) ★★★☆

-----------------------------

高校生あたりのハイティーンもので、万引き・ピアス・ファッション・ドラッグ・SEXの話ならありがちって気もするけど、13歳の話ですよ!? 

それも実話を基にしているだけあって、主人公の目線から綴られていくストーリーのリアリティが、なんだかスゴイ。 

脚本を書いたニッキー・リードが自分を投影したトレイシー役ではなく、トレイシーに影響を与えるイーヴィ役を演じているのも興味深い。

だけれど私の注目は、トレイシー役のエヴァン・レイチェル・ウッド!!

可愛い女の子が出てくるだけで満足してしまう傾向にある私。 彼女の美少女ぶりに、ホクホクでした(*^u^*) 

個人的見解を述べれば、「ティーンに化粧は似合わない」。 ナチュラルなままで充分、美しいと思うのです。

だからトレイシーの化粧がどんどん濃ゆくなって、ケバくなっていくのはなんとも言い難いです。

ストーリーでは、イーヴィに惹かれて近づこうとするトレイシーには共感できず、遠巻きに眺めてました。 

2人が仲良くなって離れられなくなるあたりからは、ぐんと良かったです。

でも、愛情に飢えているふしのあるイーヴィの心の闇があまり見えてこなかったのは、少し残念。 どこまで本当で、どこまでが嘘なのか判らずに、オオカミ少女で終わってしまった気がします。 

人を理解することは難しいことだし、トレイシーにも本当のイーヴィを理解できていなかったのかもしれない。 

近づきたい。 友達になりたい。 あんな風になりたい。 
憧れの存在に同化願望を持つのは特別なことじゃない。
けれど、どんどん落ちて、自力じゃそこから抜けられなくなってゆく。
誰かの模倣では自分の存在価値を見失ってしまう。

キップ・パルデュー(ルーク役)が出演していると知って楽しみにしてたのですが、チョイ役でした。 出演シーンは5分もなかったような・・・。

|

« シンデレラ・ストーリー | トップページ | ブロークバック・マウンテン »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/9168979

この記事へのトラックバック一覧です: サーティーン あの頃欲しかった愛のこと:

« シンデレラ・ストーリー | トップページ | ブロークバック・マウンテン »