« GOAL! STEP 1:イングランド・プレミアリーグの誓い | トップページ | きみに読む物語 »

2006年4月26日 (水)

V フォー・ヴェンデッタ

V_for_vendetta 目に映る真実。 

見えないものを形にする力。

■あらすじ■

近未来のイギリス。 
そこは独裁者アダム・サトラー議長(ジョン・ハート)が支配するファシズム国家となっていた。

テレビ局で働くイヴィー(ナタリー・ポートマン)は、外出禁止時間帯の夜11時過ぎに友人の家を訪ねようとしているところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。

そんな絶体絶命の危機を、“V”と名乗る黒いマントに身を包んだ正体不明の仮面の男(ヒューゴ・ウィービング)に救われる。

(2005/イギリス・ドイツ) ★★★☆

-----------------------------

「アメリカ ガス臭国」とか“V”のエプロン姿に笑ってしまいました。 
それだけでなく、フライパンをひるがえす手元のアップで、取らない仮面の下を想像させるやり方も、上手いなぁって思う。

コミックが原作だけど、妙にずっしりと重量感がある“V”の存在感はやっぱりヒューゴ・ウィービングが演じたからこそでしょうか。 
声もステキだしね! 

超人的な力の秘密も明らかにされるから、“V”がなんであんなに強いのかも納得がいきます。 

さもすれば、ただのテロリストで殺戮者。
復讐に燃える“V”に迷いはなく、孤独な暗殺者で幕が閉じるはずだった。 

最初は“V”に守られていただけのイヴィーが次第に真実に目覚めていくように、“V”にも復讐以外の感情が生まれる。 

“V”がイヴィーに行った仕打ちを考えると、酷いと言うかサド的にも思えましたが、“V”はそれ以上のことをされているのを考えると、“V”も辛かっただろうなと思う。 でも、そこまでやるか?って気もしたけど(笑)。

“V”と一緒に並ぶとナタリーがより子供っぽく見えましたが、後半のナタリーはスキンヘッドになって、子供とは思わせないタフさを見せて、力強くなってました。 

それに、普段はストイックな“V”がヒロインの前でだけ弱さをさらすって言うのが、好き。

ヒトラー政権を思わせる独裁国家体制の危うさはもちろんですが、盗聴・言論統制などが出てきて、あながち映画の話、よその国の話と言えなくなるのかもなぁ、とか思ったりもしました。

しかし、腐った国であってもフィンチ警視(スティーブン・レイ)のような良識人がいることが嬉しいです。  

ラストの群集のシーンは感動的でしたが、あと一歩が足りないカンジもします。

トップリーダーのサトラーは偽者かと思うほど、へなちょこだし…。
案外、ああいう人ほど打たれ弱いのでしょうか。

冒頭、イヴィーが危険を顧みずに友人を訪ねた理由も、釈然としません。
反政府の地下組織にでも情報伝達に行くのかと思っちゃった。

|

« GOAL! STEP 1:イングランド・プレミアリーグの誓い | トップページ | きみに読む物語 »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/9780840

この記事へのトラックバック一覧です: V フォー・ヴェンデッタ:

» Vフォー・ヴェンデッタV for Vendetta [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
Vフォー・ヴェンデッタV for Vendetta ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィーヴィング主演 11月5日イギリスでは花火のお祭りガイ・フォークス・デイが開かれます 400年前のジェームス1世を 国会を爆破し暗殺を企てましたが失敗 その日を記念し祭りが行われます 話は未来の11月5日・・・英国政府はファシズム化して 民衆は政府の言いなりにならなくては生きていけない状態でした 情報も政府が操作し都合の良いニュースだけを流します 全ての民衆は政府の監視下に置かれ 不穏の動きを察知する... [続きを読む]

受信: 2006年5月 2日 (火) 19時49分

» Vフォー・ヴェンデッタ [まぁず、なにやってんだか]
久しぶりに水曜日が休日だったので、もう一本観たくなり選んだ映画が「Vフォー・ヴェンデッタ」です。「面白いかな?」と半信半疑だったんですが、とても面白く、大絶賛です。 難しいストーリーかと思いきや、わかりやすく、悪者はことごとく悪者として描かれています。この人は悪い人なのか味方なのか判断が難しい場合でも、それがわかっていく過程が面白いです。 映画予告ではイヴィー(ナタリー・ポートマン)が丸刈りにされるシーンが印象的ですが、丸刈りにされる前はブロンドでカールしていて、かわいいんです。 丸刈... [続きを読む]

受信: 2006年5月 4日 (木) 08時04分

» ○Vフォー・ヴェンデッタ(1) [shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)]
3次世界大戦後のサトラーが支配する近未来のイギリスで仮面をつけた一人の男が国家に反旗をひるがえす。「人民が政府を恐れるのではない、政府が人民を恐れるのだ。」 V(ヒューゴ・ウィービング)はただの人殺しなのか、それとも正義のヒーローか・・家族を失った孤独な女性イヴィー(ナタリー・ポートマン)を巻き込み話は混迷を極めていく・・。 感想を久しぶりに書きます。鑑賞は2回目、内容的にはかなり過激な部分もありますが、いろい... [続きを読む]

受信: 2006年5月 5日 (金) 12時02分

» ○Vフォー・ヴェンデッタ(2)監視社会 [shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)]
政治的な側面、歴史的な側面から見てもとても面白い映画だと思いました。いろいろなところにアイテムや過去の事件を臭わせるものがちりばめてありました。 ●ネタバレしています。 ●1月5日・・ガイ・フォークス・デー ------------------------------------------------------------ (イギリスの記念日/イギリスで花火をあげるイベントあり) 1605年11月5日、ガイ・フォ�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 6日 (土) 09時47分

» 「Vフォー・ヴェンデッタ」何だか分らないけど面白い [soramove]
「Vフォー・ヴェンデッタ」★★★★ ナタリー・ポートマン主演 ジェイムズ・マクティーグ監督、2005年アメリカ=ドイツ 予告を見ても 内容がいまひとつ分らなかったが 本編もナゾの多い展開。 大まかな部分から少しずつパズルの様に これまでの経過が明らかに...... [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 22時14分

« GOAL! STEP 1:イングランド・プレミアリーグの誓い | トップページ | きみに読む物語 »