« きみに読む物語 | トップページ | アンダーワールド:エボリューション »

2006年4月28日 (金)

隣人13号

The_neighbor_no13 中村獅童=小栗旬の二人一役。

■あらすじ■

小学校の時にうけたイジメの復讐を果たすため、10年振りに地元に帰ってきた村崎十三(小栗旬)。 
十三の標的は、凄まじいイジメの張本人・赤井トール(新井浩文)だ。

復讐を果たす為、赤井と同じ職場に入るが、赤井は十三のことなど覚えてもいない。

だが、十三の体内には、全く別の人格“13号(中村獅童)”が宿っていた。

凶暴な性格の13号は、トールを殺すことで復讐を達成しようと、その凶暴性を徐々に増していく・・・。

(2004/日本) ★★

-----------------------------

エログロなのかなぁって変な先入観があったのですが、エロではなかったです。 

確かに、えげつない描写もあるけど私は割りと平気でした。 

話の内容よりも、最初から異様な緊張感に支配されていてビックリしました。 

どうなっちゃうんだろう、どんな結末を迎えるのだろうと、息をひそめて闇を見つめる。 

しかし、「それ」は突然に訪れた。

呪縛からの開放。 

それまでの緊張感を台無しにするかのごとく、酷いありさまが繰り広げられる。

引き込まれていた分、一気にしらけました。

終盤の理科室での赤井と13号の対決シーンは、茶番というより児戯です。

生死を賭けるくらいの死闘がみたかったのにぃ。

迫力も凄みも、それまでの緊張感もない。 

その後の“オチ”もよく判らなかったし、何だったのかと消化不良です。

|

« きみに読む物語 | トップページ | アンダーワールド:エボリューション »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/9808705

この記事へのトラックバック一覧です: 隣人13号:

« きみに読む物語 | トップページ | アンダーワールド:エボリューション »