« サマータイムマシン・ブルース | トップページ | タイヨウのうた »

2006年6月19日 (月)

DEATH NOTE デスノート[前編]

Death_note 頭の良すぎる人の考えることは分からない。

■あらすじ■

退屈な死神が人間界にノートを落とし、退屈な天才がそのノートを拾った。
〈このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。〉それは文字通り、人の死を決定づける“死のノート(デス・ノート)”。

神だけに許された究極の道具を手に入れたのは、誰にも負けない頭脳を誇る全国トップのエリート大学生、夜神月(藤原竜也)。

やがて彼は、理想の世界を築き上げていくことを決意し、自らの手で世界中の犯罪者を裁き始める。

一方、ICPO(インターポール)では、一連の事件を捜査するべく、謎の名探偵「L(松山ケンイチ)」を日本の警視庁に送り込んでいた。

(2006/日本) ★★☆
-----------------------------

原作は読んだことがないけど、「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。」。 それだけで興味津々。

どうかな?って思いながら観てきたけど、まずは原作未見者のためにもわかりやすい作りになっていてホッとしました。
原作読んでない奴のことなんか知らねーよっ!って突き放されたらどうしようもなかったから(笑)。

死神リューク(声:中村獅童)のCGは、のっぺらーとしてフィギュアっぽい質感で重量感がないように感じたけど、そもそも死神だしなぁ。 
重量感なんて必要ないのか? 
でも、観ているうちに慣れて気にならなくなりました。

でも、もっと活躍するのかと思ってた。 
ノート落としただけ? リンゴ齧っているだけ?

あとはFBI捜査官レイ(細川茂樹)とその婚約者・南空ナオミ(瀬戸朝香)のやり取りとか、ところどころ漫画を劇化するおかしさがあったけど、及第点をあげてもいいかなと思います。

でもいま一つ、緊迫感に欠けました。
特にバスジャックや美術館のシーンで、もっと緊迫感があれば良かったと思うけど、全ては計算されていたのなら緊迫感がないのもそのハズで、そのことも計算して緊迫感がないよう演出してたらスゴイと思う(笑)。

原作を読んでいないから単純に主人公目線で見ていたけど、どんどん付いていけなくなり最後には主人公の「善悪」の見分けが付かなくなりました。

結構、非情なんですね、主人公。 
恋人をないがしろにする主人公ってどうなの~? 
原作の主人公も、こんないけ好かない奴なんでしょか。 

しかも、当初の目的の「理想の世界」を築き上げることが、「打倒・L」に変わってる(笑)。 

一方の「L」は、その存在自体が正体不明でした(笑)。 
後編になれば謎が解けるのでしょうか?

どんな結末を迎えるのかもちょっと気になるけど、主人公と「L」の頭脳戦よりアイドル弥美砂(戸田恵梨香)の存在が気になります!
弥美砂が拾うもう一つの「デス・ノート」は一体誰が落としたの? リューク?
美砂がキラを慕う理由は?

原作未見者には大いなる謎を残したまま前編が終わりました。

※後編の感想はこちら→「DEATH NOTE デスノート the Last name

|

« サマータイムマシン・ブルース | トップページ | タイヨウのうた »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/10588401

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE デスノート[前編]:

« サマータイムマシン・ブルース | トップページ | タイヨウのうた »