« メールで届いた物語 | トップページ | 24アワー・パーティ・ピープル »

2006年7月 4日 (火)

運命じゃない人

Unmeijanai_hito 「運命じゃない人」と今日も生きる。

■あらすじ■

他人を疑うことを知らない「日本一いい人」なサラリーマン宮田(中村靖日)は、突然別れを切り出した元彼女のあゆみ(板谷由夏)を忘れられずにいる。

そんな宮田を心配する幼なじみの神田(山中聡)の職業は探偵で、宮田のためにあゆみの行方を探るうち、彼女が結婚詐欺師だと知ってしまう。
ヤクザの浅井(山下規介)から2000万を持ち逃げしてきたあゆみは、神田に助けを求めるが・・・?

一方、行きつけのレストランに神田から呼び出された宮田は、真紀(霧島れいか)と言う女性と知り合う。

(2004/日本) ★★★★☆

-----------------------------

思わず続けて2回も見ちゃった(笑)。 
2回目はコメンタリー付きで。

最初は面白そうなカンジはしなかったんだけど、加速度的に面白くなっていきました。

宮田の視点、神田の視点、浅井組長の視点。
3者の視点から「ある出来事」を見ると、複雑に上手くつながっているのが面白い!

特に好きなのは「浅井組長の視点」でしょうか。
「神田の視点」の時も「!」はあったけど、「組長の視点」に来ると「!!!」ってなカンジです。

時間軸が交錯してるけど、たった一日(一夜)の出来事なんだよね。
とにかく感心しちゃいます。

どの俳優さんも魅力的☆
いい人ぶりがにじみ出ている中村靖日、ワイルドな魅力を放っている山中聡、飄々としたお茶目な組長を演じた山下規介・・・便利屋・山ちゃんも忘れがたい。
とにかく、男性陣が印象に残りました。

どうか、幸せになってください。
宮田に対してはそんなことを願わずにはいられない(笑)。

ただ真紀はつかみどころがなく、あんまり好きになれなかったな。
繰り返し見れば、いつか彼女の気持ちも理解できるようになるのでしょうか。

30過ぎの恋愛論とか、結構身につまされるセリフもあってドキッとしたりも。。。(笑)
そっか、タイミングは作らないとダメなんですね!

|

« メールで届いた物語 | トップページ | 24アワー・パーティ・ピープル »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/10788514

この記事へのトラックバック一覧です: 運命じゃない人:

« メールで届いた物語 | トップページ | 24アワー・パーティ・ピープル »