« 迷宮の女 | トップページ | 運命じゃない人 »

2006年7月 3日 (月)

メールで届いた物語

現代人に手放せないもの。
それは、携帯。

携帯にまつわる、4話のオムニバス。

■あらすじ■

【mail】…★★☆
何度も送られてくる差出人のない宛名違いの手紙を、ふと読んでしまった郵便配達員の高村(加瀬亮)。 
それは入院している谷村理沙(相武紗季)が恋人へ宛てた手紙で・・・。

【CHANGE THE WORLD!】…★
男に振られ自堕落な生活を送る葉子(吹石一恵)は、ショックから立ち直るためにボクシングを始めてすっかりハマるが・・・。

【アボカド納豆。】…★★★★
仕事帰りに居酒屋に立ち寄った山口(岡田義徳)とその先輩の藤井(大倉孝二)。 
藤井は仕事のミスで謝罪中に彼女へメールしていた山口を咎め、さらに山口が複数の女性と交際していることを知り憤慨する。
それで山口の彼女たちが、山口と本気で付き合っているかどうかを“メール”を送って確かめさせるが・・・。

【やさしくなれたら・・・】…★☆
架空請求を携帯メールで送りつける詐欺商法の強引な回収でならす柏木(北村一輝)。 
その柏木と同じ“組織”に属する菊池(津田寛治)は、彼に遅れを取っており、疎ましく思っていた。
そんなある日、柏木は病死した妻と瓜二つの女性(原沙知絵)を見かけ・・・。

(2005/日本)

-----------------------------

劇場公開された作品だけど、自宅鑑賞のほうが作品の雰囲気に合うかも。
1話がそんなに長くないから、作りこんでるってカンジはないし気楽に見れます。
オムニバスだけど、作品が微妙にリンクしているところも良かったです♪

秀逸なのは「アボカド納豆。」!
そんなんで“本気”かどうか分かるの?って気もするけど、「アボカド納豆メール」が送られてきたら、送り返さなくともやっぱり電話なりで話題にはするかも。
映画でもそうだったように。

その後どうなったのかも見たい!!と言う、あとを引く感じで終わったところも良かったです♪

岡田義徳のダメ新人社員ぶりも、大倉孝二の先輩社員ぶりもハマってて、居酒屋シーンがすごく好き。 
ほとんど居酒屋シーンだけど(笑)。

「mail」は、ほとんど展開が読めます。
でも、結構好き。 メルヘンのような、少女マンガ的世界!

今回の加瀬亮も普通ぶりがいい感じ♪ 
ヒロインの女の子も可愛かったです!
そのヒロインは天涯孤独なのか?とか、何故 相部屋の病室に他の患者がいないのか?とか、疑問点も尽きないけど所詮、メルヘンですから(笑)。

あまりリアル過ぎず、説明しすぎず、ポイントだけ抑えているところが返って良かった気がします。

でも、あの写真は誰が撮ったんだろー。

4作品とも伝えたいことや描きたいことが明瞭で、好きか嫌いかは別として、とっつきやすかったです。
雰囲気系(?)と言うかファンタジックな作品が多かった気もするけど・・・。

「映画」と言うより「ドラマ集」みたいなカンジ。 
ぼんやり鑑賞するのには最適でした。

|

« 迷宮の女 | トップページ | 運命じゃない人 »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/10776756

この記事へのトラックバック一覧です: メールで届いた物語:

« 迷宮の女 | トップページ | 運命じゃない人 »