« ローズ・イン・タイドランド | トップページ | ハチミツとクローバー »

2006年7月25日 (火)

Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?

Shall_we_dance ダンス映画にしては物足りなくて、恋愛映画にしても物足りなくて、これは自己啓発映画?

■あらすじ■

遺言書作成の専門弁護士のジョン(リチャード・ギア)は、毎日の生活に物足りなさを感じていた。
ある日通勤電車の窓から見えた、ダンス教室の女性(ジェニファー・ロペス)が気になったジョンは、見学だけでもとビルに立ち寄るが……。

(2004/アメリカ) ★★★

-----------------------------

周防正行監督の「Shall we ダンス?」のハリウッド・リメイク版なのは言わずもがなですね。
リメイクって、どうしてもオリジナル版と比べがちになってしまいます。 
でも今作は、結構いいとこいっているんじゃないかと思いました。

日本版の主役を演じた役所宏司もそうでしたけど、リチャード・ギアっていやらしさがなくて好きです。
ダンスって身体を密着させるから、笑顔にいやらしさがあると、見てるだけでもNGになっちゃうと思う(笑)。

そんなギア様の爽やかさと対照的に、ギラギラの情熱的熱演で笑いを取ってた竹中直人の役=リンクを演じてたのはスタンリー・トゥッチ
この役は竹中直人の当たり役だから 比べちゃうのは可哀そうなんだけど、なかなか健闘してました。

でも、ボビーを演じたリサ・アン・ウォルターが、オリジナルの渡辺えり子のキャラクターに劇似でした。
投げやりな物言いとか、そっくりだった。

探偵(リチャード・ジェンキンス)の助手・スコット君はどこかで見たことあるなぁって思ったら、「ドラムライン」のニック・キャノンだったのね。

オリジナルに忠実に作られているので、ハリウッド版しか見ていなければそこそこ楽しめると思います。
両方見てみたい人は、「オリジナル」→「ハリウッド版」の順がいいかも・・・。

ギア様の奥さんを演じていたのはスーザン・サランドン
存在感があるし、ダンナと対等だよね。
なのに、なんで、ギア様は秘密にしなくちゃいけなかったのか・・・
そんなところでハリウッド版は「なんで社交ダンス?」って言う、根幹がちょっと弱い気がしたけど、それなりに楽しめました。

でも、競技会場で大失敗しちゃうところで興ざめ。
社交ダンスにおいて男性って、紳士であることを求められるのね。
女性に恥をかかせるなんてもってのほか!
ましてその後のフォローがないなんて最悪です!!

なのに何故か、ギア様がみんなからフォローされて慰められたりして、ハリウッド式ハッピーエンドに向かってしまう(笑)。
大円満のエンディングだけど、物足りなさを感じました。

|

« ローズ・イン・タイドランド | トップページ | ハチミツとクローバー »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/11100825

この記事へのトラックバック一覧です: Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス? :

« ローズ・イン・タイドランド | トップページ | ハチミツとクローバー »