« ハチミツとクローバー | トップページ | ★「迷宮の女」リメイク★ »

2006年7月28日 (金)

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

Pirates_of_the_caribbean_dead_mans_chest 前作よりもパワーアップ!
そしてスケールアップ!
それでもって3作目に、つ・づ・く!

これは、3作目へ向けての壮大な予告編。

■あらすじ■

呪われた海賊バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)との壮絶な闘いを乗り越え、再びブラックパール号の船長となったジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。
しかし彼は、海賊なら誰もが恐れる幽霊船フライング・ダッチマン号の船長デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)にもうじき魂を奪われようとしていた。
13年前にブラックパール号を手に入れるためジョーンズと“血の契約”を交わしており、その契約の刻限が迫っていたのだ。
それでもジャックはその事態を打開するべく、命運を握るある鍵の行方を追い始める。

一方、結婚式を挙げようとしていた鍛冶屋の青年ウィル(オーランド・ブルーム)と総督の娘エリザベス(キーラ・ナイトレイ)は、ジャックを逃がした罪で投獄されるハメに。
やがて、2人は再びジャックに会わなければならない宿命となり、それぞれ彼のもとへ向かうのだが…。

(2006/アメリカ) ★★★★★

-----------------------------

ロケーションがスケールアップしてて、最初から引き込まれちゃった。
メインの3人のキャラクターは同じなこともあって、安心して見ていられる上に脇役の存在も光ってました。
今回、特に存在感があったのはジャックの片腕、ギブス航海士!
今回のブラックパール号はこの人あってこそでしょ(笑)。

前作にも登場してた凸凹コンビ、ラゲッティ&ピンテルも再登場~!
なぜか、ブラックパール号の船員に?

でも、それ以上に意外な活躍をするのがジェームズ・ノリントン元提督(ジャック・ダベンポート)。
エリザベスの元婚約者で、今はすっかり落ちぶれて流浪の人。
そして、この人もブラックパール号の船員に!
この人、前作よりも活躍してるんじゃなかろうか。
しかも今回は、かなり美味しい役だ! 3作目でも暗躍しそう!

もう一人、新キャラで3作目でも重要な役割を果たしそうなのがジャックの元恋人ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)。
最初はデイヴィ・ジョーンズの居場所を教えるためだけに登場したのかと不満でしたが、ラストを考えると登場しないわけにはいかなかったのが分かります。

でも、この人がジャックにあげた「土の入ったビン」って、結局はどんな意味があったのか分からずじまいでした。  
デイヴィ・ジョーンズは陸にあがれないから、「陸地=土の上」だと手出しが出来ないのかなぁって思ったんだけど、「陸の上でビンを持て!」って言ってたよね。
ま、使えなくなっちゃったけどね(笑)。

1作目では名前だけ登場してたウィルの父ちゃん“靴ひものビル(ステラン・スカルスゲールド)”。
死んだってことになってたけど、実は生きて(?)ましたー。
デイヴィ・ジョーンズに捕らわれて、フライング・ダッチマン号の船員してます。
ここにウィルが乗り込んで、親子の再会! 
ウィルは父ちゃんを助けることを誓うけど・・・ジャックと衝突、エリザベスとの関係もギクシャクして!?
なんだか波乱の予感。
3作目はウィルのダークサイドが見られるとかって言うし、その伏線でしょうか。

でも、ジャックとエリザベスの微妙なラブは、唐突というか不自然というか似合わないというか、やめてって感じもしたけど(笑)、
本気っぽくない冗談めかした調子だったのが救いでしょうか~。
どうなるんでしょうね。 でも酷いよね、エリザベス(笑)。 

ジャックの「北を指さないコンパス」を求めるベケット卿と、ジャックの間には何か因縁めいたものがありそうだし、
今回の強敵デイヴィ・ジョーンズ&クラーケンの件も決着がついてないし、全ては3作目に持ち越しです!
ラストの引き際といい、すっごい気になる! 
期待して待ちます!

|

« ハチミツとクローバー | トップページ | ★「迷宮の女」リメイク★ »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/11136311

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト:

« ハチミツとクローバー | トップページ | ★「迷宮の女」リメイク★ »