« ユナイテッド93 | トップページ | ペ・ドゥナ »

2006年8月23日 (水)

スーパーマン リターンズ

Superman_returns オープニングから、この曲 聞いたことある!
体中から血が湧き出て、ムズムズしてきた。
音楽って偉大だ!
ジョン・ウィリアムズ巨匠って偉大だ!

■あらすじ■

自分の居場所を求めて5年前に忽然と姿を消したスーパーマンことクラーク・ケント(ブランドン・ラウス)は、生まれ故郷のクリプトン星の消滅を確認し、地球へと帰ってくる。
しかし、スーパーマン不在の地球では犯罪が増加。 折角、捕らえたレックス・ルーサー(ケヴィン・スペイシー)も出所してしまう。

そんな中クラークは、久々にデイリー・プラネット社で働き始めるも、再会したロイス・レイン(ケイト・ボスワース)は婚約して、幼い息子ジェイソンまで産んでいることを知りショックを受ける。

(2006/アメリカ) ★★★

-----------------------------

スーパーマンっていい人だね。 正義の味方だものね。 さすがだね。
人類の光となるべく「悪」を退治しては、また懲りずに罪を犯す人間の元へと駆けつける。

どうせ助けてもらえるのはアメリカだけでしょ!
なんて、穿ったことを思っていた私は世界中を駆け回って「人助け」をしているスーパーマンに好感を抱いてしまいました(笑)。
ロイス・レインも「スーパーマンを嫌いな人はいない」と言ってたものね。
あれだけ小さなことにもマッハで駆けつけてもらえたら、嬉しいよね。
そのうち人類は、「いざという時はスーパーマン!」って依存しないか心配だけど。

スーパーマンの“スーパー”な力の具合を見せるのは上手かったです。
飛行機が落ちてくるところは思いっきり前日に観た「ユナイテッド93」を思い出して身震い。
予告編でも流れた瞳に弾丸を打ち込まれるシーンには、ビックリしちゃう。

けどスーパーマンは、弱点のクリプトナイト以外じゃ傷つかないのだ!
だから、ボコボコにやられるシーンはあるけど、ボロボロにはならない!!

そんな尋常じゃない強靭さが病院のシーンに出てきて可笑しかったです。
スーパーマンが病院に運ばれる!? ヒーローなのに!?
でも、やっぱり彼はスーパーなのでした(笑)。

スーパーマンの“スーパー”な見せ場はじっくり描かれていて見応えがあるのだけど、他は割りとパツパツにカットされているような印象も受けました。
ブライアン・シンガー監督としては、どのシーンもじっくり描きたかったんだろうけど、時間が長くなっちゃったんだろうな。
それでも154分あるし、物語が展開していくまでが長く感じました。

ロイス・レインとの微妙な恋の行方も気になったけど、なんだかスッキリしないまま終わってしまって、ちょっとフラストレーションが溜まりました。
しかも予想の範囲内ではあっても、プラトニックな関係を期待していただけに、ちょっと冷めた(笑)。
夜のデートでスーパーマンとロイスがくるくると回転しながら降りてくるところは好きだったけど。 
回転がかかっていると乙女度が増します(笑)。

悪役レックス・ルーサーはケヴィン・スペイシーが楽しそうに演じてた!
ハゲなのを気にしてるのか!?(笑) 
かつらネタとか可笑しかったよ。
でも、このキャラクター、何かに似てるんだよねぇ。。。

あっ! 「バイキンマン」!

悪事を働いてはアンパンマンにやっつけられ、懲りずにまた悪いことを考え付く。
「オレ様、天才!」な、ところも似てません?(笑)

「人助け」を任務としているスーパーマンは、ワルイ奴を殺っつけたりしないけど、不慮のこととは言えジェイソン君はすでに一人殺してるのを思うと少し末恐ろしい気がしました。
しかし、スーパーマンに見守られながら、健やかに育って欲しいです。

かなりお金をかけて色々やってくれてますが、一番インパクトを受けたのは
「スーパーマンが携帯で写真を撮られる」シーン!(笑)
劇中の雰囲気もレトロだったし、1作目の続きに当たるって聞いていたから80年代かと思ってたけど、携帯が出てきて「現代だ!」ってやっと分かった。

帰ってきたけど、21世紀の今日に帰ってきてくれたんだね!

|

« ユナイテッド93 | トップページ | ペ・ドゥナ »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/11566885

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーマン リターンズ:

« ユナイテッド93 | トップページ | ペ・ドゥナ »