« ガエル・ガルシア・ベルナル | トップページ | UDON »

2006年8月29日 (火)

キアヌ・リーブス

Keanu Reeves

  • 誕生日:1964年 9月 2日
  • 出身:レバノン・ベイルート
  • 父親はハワイ系中国人、母親はイギリス人。
  • ロック・バンド「ドッグ・スター」ではベース担当。 左利き。

主な出演作:

  • 「栄光へのフィニッシュ」(’85)
  • 「栄光へのエンブレム」(’86)
  • 「リバース・エッジ」(’87)
  • 「ミッドナイトをぶっとばせ!」(’88)
  • 「パーマネント・レコード」
  • 「旅立ちの季節」
  • 「プリンス・オブ・ペンシルバニア」
  • 「危険な関係」
  • 「ビルとテッドの大冒険」(’89)
  • 「バックマン家の人々」
  • 「殺したいほどアイ・ラブ・ユー」(’90)
  • 「ラジオタウンで恋をして」
  • 「ハートブルー」(’91)
  • 「ビルとテッドの地獄旅行」
  • 「マイ・プライベート・アイダホ」
  • 「ドラキュラ」(’92)
  • 「から騒ぎ」(’93)
  • 「カウガール・ブルース」
  • 「ミュータント・フリークス」
  • 「リトル・ブッダ」(’94)
  • 「スピード」
  • 「雲の中で散歩」(’95)
  • 「JM」
  • 「チェーン・リアクション」(’96)
  • 「フィーリング・ミネソタ」
  • 「死にたいほどの夜」(’97)
  • 「ディアボロス/悪魔の扉」
  • 「ミー&ウィル」(’98)
  • 「マトリックス」(’99)
  • 「リプレイスメント」(’00)
  • 「ザ・ウォッチャー」
  • 「ギフト」
  • 「スウィート・ノベンバー」(’01)
  • 「陽だまりのグラウンド」
  • 「マトリックス リローデッド」(’03)
  • 「マトリックス レボリューションズ」
  • 恋愛適齢期
  • 「コンスタンティン」(’05)
  • 「サムサッカー」
  • イルマーレ」(’06)
  • 「スキャナー・ダークリー」

公開待機作:  

  • 「コンスタンティン」の続編。
  • 「Stompanato」…ハリウッド女優ラナ・ターナーの恋人がラナの娘に刺殺された事件の映画化。 共演はキャサリン=ゼタ・ジョーンズ。
  • 「Street Kings」…ジェイムズ・エルロイの書き下ろし。 L.A.警察内の汚職事件。
  • 「地球の静止する日」のリメイク作。
  • 「The Private Lives of Pippa Lee」…監督はレベッカ・ミラー。 共演はロビン・ライト・ペン、ジュリアン・ムーア、ウィノナ・ライダー、マギー・ギレンホール、アラン・アーキン、モニカ・ベルッチ。 キアヌはロビン・ライト・ペンの年下の恋人役。夫を若い女に奪われた50歳の主婦が、それをきっかけに自分の中に眠っていた官能を探る旅に出るが、同時にごく静かに精神のバランスを崩していく物語。

|

« ガエル・ガルシア・ベルナル | トップページ | UDON »

俳優履歴書 〈男優〉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/11662237

この記事へのトラックバック一覧です: キアヌ・リーブス:

« ガエル・ガルシア・ベルナル | トップページ | UDON »