« インタビュー・ウィズ・シリアルキラー | トップページ | 月夜の恋占い »

2006年9月13日 (水)

ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~

Beyond_the_sea 吹き替えなし!
歌って、踊る、ケヴィン・スペイシー!!

■あらすじ■

N.Y.の貧しい家庭に生まれ育ったボビー(ウィリアム・ウルリッチ)は、心臓の病で15歳までしか生きられないと医者から言い渡される。
けれども、かつて歌手だった母親ポリー(ブレンダ・ブレッシン)の薦めで音楽と出会い、生きる力を得る。

青年に成長したボビー(ケヴィン・スペイシー)は、伝説的なスターになることを夢見てショービズ界にデビュー。
ティーン・アイドル歌手として人気を得た彼は、映画に出演。 
そこで出会った16歳の人気女優サンドラ・ディー(ケイト・ボスワース)と電撃結婚する。

ハリウッドの夢のカップルとしてもてはやされるが、やがて時代の変化と共に運命が暗転し・・・。

(2004/イギリス・ドイツ) ★★★☆

-----------------------------

ボビー・ダーリンもサンドラ・ディーも知らないんだけど、楽しめました。
特に、ところどころに挟まれるミュージカルのパートが好きです!!

最初はボビー少年がケヴィン・スペイシー青年に変わるところで、ちょっと無理があるんじゃ・・・なんて思ったりしたのですが、年を感じさせない踊りっぷり。
見ているうちにだんだん年のこととか気にならなくなってきた。
製作・監督・脚本・主演と、4役かねて熱演しているケヴィン・スペイシーの情熱も伝わってきました。

かつらネタでは、思わず「スーパーマン リターンズ」を思い出しちゃった(笑)。

似てるかどうかは知らないけど、ケヴィン・スペイシーの歌いっぷりも良かったです。 
あんなにたくさん歌ってくれるなんて思わなかった!

実在した歌手の映画と言うと「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」を思い出したけど、
この「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~」では、違ったアプローチでボビー・ダーリンに迫っていて面白いです。
ミュージカル部分なんか、その最たるものだけど、ボビーの分身を出現させて飽きの来ないようエンターテインメントに仕上げてる。

それに、あくまでケヴィンの関心は、ボビー・ダーリンを演じ続けたボビーにあるみたい。

とにかく、ケヴィン・スペイシーの芸の幅の広さに驚かされました。
楽しそうに演じてたし♪

しかし題名の“ザ”は、何故“the”なんだろう?
「ビヨンド・ザ・シー」じゃダメなの?(笑)

|

« インタビュー・ウィズ・シリアルキラー | トップページ | 月夜の恋占い »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/11867827

この記事へのトラックバック一覧です: ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~:

« インタビュー・ウィズ・シリアルキラー | トップページ | 月夜の恋占い »