« グエムル 漢江〈ハンガン〉の怪物 | トップページ | タナカヒロシのすべて »

2006年9月 7日 (木)

ダーティ・ダンシング

Dirty_dancingダンシング・ハバナ」のオリジナル。

と言うことで、見比べてしまいました。

■あらすじ■

1963年の夏。 
17歳の“ベイビー(ジェニファー・グレイ)”は、家族で避暑地の山荘に出かける。
そして、ダンスホールでこれまでに見たこともないようなセクシーで激しいダンスをするカップルを見て、衝撃を受ける。
2人は山荘のダンス教師ジョニー(パトリック・スウェイジ)とペニー(シンシア・ローズ)。
ベイビーは従業員の宿舎に向かい、ジョニーと知り合いになる。

(1987/アメリカ) ★★★☆

-----------------------------

避暑地でダンスに夢中になって、恋に落ちて・・・と、大筋のところはそのままでした。
でも、「ダーティ・ダンシング」の方がサイド・ストーリーがしっかりしていて映画の進め方もスムーズだった。

「ダンシング・ハバナ」は、若さに任せてイケイケですが(笑)、最後は妙に優等生になっちゃうんだよね。 
そんなところが拍子抜けだったんだけど、嫌いじゃなかったです。

「ダーティ・ダンシング」は、相手役がパトリック・スウェイジ(←「ゴースト ニューヨークの幻」の人)なので、ベイビーが大人の階段を昇るって感じでした。
17歳。 微妙な年齢ですね。 大人なのか、子供なのか。
未成年なのは確実だけど。

個人的には、ベイビーといい雰囲気になるところでは、ジョニーに大人の自制心を働かせて欲しかったんですけどね。 
そんなの野暮なんでしょうね(笑)。

そういえば、ジョニーはベイビーを子ども扱いせず、かと言ってレディとして扱うんでもなく、最初から(ダンス)パートナーとして接してましたね。 

大人な発言をして別れる2人に、もっとジタバタして欲しーい!と思ったけど、
ラストにやってくれました。
だけど、要所にダンスシーンはあるけど、そんなにダンス一色ってわけでもなかったです。

でも、終わり良ければ全て良し!!
ハリウッド・エンディングはこうでなくちゃ!!(笑)

|

« グエムル 漢江〈ハンガン〉の怪物 | トップページ | タナカヒロシのすべて »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/11797528

この記事へのトラックバック一覧です: ダーティ・ダンシング:

« グエムル 漢江〈ハンガン〉の怪物 | トップページ | タナカヒロシのすべて »