« マイライフ・アズ・ア・ドッグ | トップページ | チャンピオン 明日へのタイトルマッチ »

2006年10月23日 (月)

Dear フランキー

Dear_frankie すぐにバレる嘘は、ついてはいけません。

■あらすじ■

夫のたび重なる暴力に耐えかね、幼い息子フランキー(ジャック・マケルホーン)を連れて母親の元へ逃げ込んだリジー(エミリー・モーティマー)。
以来、3人はスコットランド中を転々としながら暮らしていた。

そうした事情を知らずに育ったフランキーはいまや9歳となり、まだ見ぬ父への想いは強まるばかり。
そんなフランキーに、リジーは“父親はアクラ号で世界中を航海しているので会えないの”と説明するが、秘かに彼女は父親のフリをして息子宛の手紙を書き続けていた。

そんなある日、本当にアクラ号という船が彼らの港町に寄港することになり、フランキーは父との再会に胸を躍らせる。
まさかの事態に、リジーは1日だけ父親役をやってくれる「よそ者の男=ストレンジャー」を探すが・・・。

(2004/イギリス) ★★☆

-----------------------------

フランキーは耳に障害があるけれど、聡明で賢い男の子。
手紙に同封されている世界中の切手を、丁寧にアルバムに貼り付けては、
まだ見ぬ父を思う。

そんなフランキーに、父と偽って手紙を出すリジー。
口数の少ないフランキーの心の中を垣間見ることが出来る偽りの手紙の交流が、どうしても止めることが出来ずにいるのだ。

そんなところに問題勃発。
たまたま付けたアクラ号と言う船が、今、住んでいる港町に寄航すると知らされる。

アクラ号のことを教えてくれたクラスメイトのリッキーは、フランキーに意地悪ばかりする。
本当はもっとフランキーと仲良くなりたいんじゃないかと思うんだけど、それにしては屈折した友情表現だね(笑)。

大変なのは母親のリジー。
もう潮時と、本当のことを話せば良いものを、“一日だけのパパ”を探そうとする。

父親は海洋の上だとか、外国からの手紙は中央郵便局を経由するとか、
今は母親の言うことを信じているフランキーも、友達が出来て世界が広がり、やがては真実を知るときが来るはず。
バレるのは時間の問題。
なのに、嘘を重ねてしまう親のエゴ。 

しかし、そんなことは知らずにフランキーは、偽りの父親(ジェラルド・バトラー)と交友を暖め、愛情を抱く。

フランキーを演じたジャック・マケルホーンも、
リジーを演じたエミリー・モーティマーも、
ストレンジャーを演じたジェラルド・バトラーも好演。

ストーリーも小粒ながら良作だと思うのですが・・・
結局、母親(リジー)よりも、子供(フランキー)の方が大人だったね!って言う話。

いい映画なのに、なんか“もやもや”が残るんだよね。 なんでだろ。

親子のコミュニケーションが上手くいってないなら分かるけど、偽りの文通を始めるキッカケが良く分からない。
手紙が唯一、フランキーの本音を聞く手段だと言いながら、フランキーの側にいるのは他の誰でもない自分なのだと言うし。

フランキーが傷つかないのは救いだけど、自己満足というか、利己的なのが気になるのです。 
いい映画なんだけど。。。

リジーにも成長して欲しかったかも。
一歩踏み出しそうな予感を秘めたラストはいいと思うけど。

フランキーがいつ、真実を知ったのかも ちょっと謎でした。

|

« マイライフ・アズ・ア・ドッグ | トップページ | チャンピオン 明日へのタイトルマッチ »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/12399037

この記事へのトラックバック一覧です: Dear フランキー:

« マイライフ・アズ・ア・ドッグ | トップページ | チャンピオン 明日へのタイトルマッチ »