« 涙そうそう | トップページ | 赤ちゃんの逆襲 »

2006年10月 4日 (水)

レディ・イン・ザ・ウォーター

Lady_in_the_water 閉じた世界に閉じ込められた住人たち。
その世界はシャマランを中心に回る。

■あらすじ■

アパートの管理人クリーブランド(ポール・ジアマッティ)は、日々の雑用や修繕に明け暮れていた。
そんなある晩、中庭のプールに謎めいた女性ストーリー(ブライス・ダラス・ハワード)が姿を現す。
彼女がおとぎ話に登場する水の精霊(ニンフ)のような存在であると突き止めたクリーブランドは、アパートの住人たちと協力して、彼女を元の世界へ戻してあげようと奔走するが・・・。

(2006/アメリカ) ★★

-----------------------------

「シックス・センス」以来、期待され続け、失望させ続けるM.ナイト・シャマラン監督。
今回は、すこぶる前評判が悪かったので、そんなに期待もしてなかったし、「オチなし」の情報も得ていたけれど、ここまでとは!!

本当におとぎ話が作りたかったのですね・・・。
それも、自分の娘たちのために。

自分の愛娘たちに語り聞かせた「ベッド・タイム・ストーリー」が映画の元だというのは知っていたけど、こんな私的なお話を見せられてどうしろって言うのか。
せめて鑑賞に堪える見せ方なり、演出をしてほしいよぅ。

女子大学生からおとぎ話を聞かされては、クリーブランドが当てはまる人物をアパートの住民から探し当て、、、の繰り返し。
おいおい、これはR.P.G.かよっ!!と思うくらいに、まどろっこしい展開。

協力的な住民にも現実感が乏しかったですけど、都合のいい展開をするおとぎ話の内容そのものが胡散臭かったです。
毒に効く薬の存在、大タカが迎えに来なかった時の緊急事態。 
想定された範囲内の出来事しか起こりえないように出来てしまっているんだよね。

しかも悲しいかな、完成された世界の出来事の一部でしかなく、私たちの日常に接点がまるで見つけられない。
だからストーリーが無事に“ブルー・ワールド”へ戻れるかどうかは、かなりどうでも良かった・・・。

と言うより、シャマランが世界を救う人物だってところで、かなり冷めちゃったんだよね~。
ネタバレだけど、これは早々に判明しちゃうので秘密でもなんでもないです。

毎回、必ず自作に顔を出すことで有名なM.ナイト・シャマラン監督。
今回は世界を救うきっかけになる青年役です。 
普通にメイン・キャストだった(笑)。

と言うか、こんなにおいしい役を演じているのも娘たちにいいところを見せたいからに思えてならない!
そんなの、つまらんっ!

せめてシナリオ・ライターの批評家役を演じていたら、ちょっとは笑いが取れたと思うよ。
クリーブランドにヒントを与え映画を転がす。 
こんなに監督にピッタリな役はないでしょう!
しかも あの最期なら、観客も大喜び(笑)。
10人に3人(←監督だと気付いた人)は笑ってくれたことでしょう。

シャマランに世界を救われるのも癪だけど、
職人(ギルド)は役立たずで役目を果たさないし、何より守護者(ガーディアン)があんな奴だなんてぇ~。

どんな人でも、それぞれ自分の役目を持っている。
そんなシャマランのメッセージは虚しく水を掻くようでした。

しかし、これはこれで完結した世界だから。。。

なんだかんだ言って、次回作も見ちゃうんだろうし(笑)。

|

« 涙そうそう | トップページ | 赤ちゃんの逆襲 »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

何時もお世話様です~

全く映画を観る観客の思考を無視したような
シャマランの世界でした~
何となく 物語はこうあるべきだと
シャラマンが押し付けているようで
ちっとも面白くなかったのです(笑)

自己満足は 自分の身内だけでして欲しいと思いました(笑)

投稿: yuu | 2006年10月10日 (火) 16時22分

> yuuさん

こちらこそ、いつもTBして下さって、ありがとうございます!!

自己満足の匂いがプンプンする映画でしたね~。
監督自身が革命を起こすキーパーソンを演じちゃうのも、いかがなものかと思ったのですが、
そうか、シャマラン監督の願望であり、理想の世界でもあったわけですね!
それじゃあ、次回作には「観たら世界が一つになるような革命的な作品」を期待しようかな(笑)。

でも、娘たちのベッド・タイム・ストーリーを映画化するくらいだもの・・・ネタ切れなのかもしれないですね。

投稿: 双葉 | 2006年10月11日 (水) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/12141076

この記事へのトラックバック一覧です: レディ・イン・ザ・ウォーター:

» レディ・イン・ザ・ウォーター Lady in the Water [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード主演 フィラデルフィアのアパートの管理人 クリーブランド・ヒープは 毎日のありきたりの営繕作業をする毎日でしたが 中庭のプールに毎晩 何者かが入っている事に気がつきました それはストーリーと言う 美しい女性だったのです クリーブランドはストーリーを匿います どこから何のために来たのか 名前以外は何も判らないのですが しだいに彼女は水の妖精では無いか と思い始めその秘密を探して行くのです 東洋系の女子学生の母親から ある伝説を聞かせられます... [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 12時26分

« 涙そうそう | トップページ | 赤ちゃんの逆襲 »