« アルフィー | トップページ | 麦の穂を揺らす風 »

2006年11月27日 (月)

ゲス・フー/招かれざる恋人

Guess_who 1967年の「招かれざる客」を白人と黒人の立場を入れ替えてリメイク。
オリジナルはシリアスみたいだけど、これはコメディでした!

■あらすじ■

NYで暮らす白人青年サイモン(アシュトン・カッチャー)の恋人は、アフリカ系アメリカ人のテレサ(ゾーイ・サルダナ)。

一方、郊外で暮らすテレサの父親パーシー(バーニー・マック)はひそかに調べた結果、娘の恋人が一流企業で働く好青年だと分かり一安心。
結婚25周年を祝う銀婚式に、娘の恋人が来ることを承諾する。

しかし、サイモンがデンゼル・ワシントンやタイガー・ウッズのように逞しい黒人だと思っていたパーシーは、やって来たサイモンが白人だったことにショックを受ける。

なんとかパーシーに気に入られようとするサイモンだが、ことごとく裏目に出てしまい・・・。

(2005/アメリカ) ★★★

-----------------------------

まだまだ人種差別は根強いとは言え、リベラルにもなってきた中で、黒人家庭に白人青年が乗り込む!って言うのが新鮮でした。

最近、映画の中での黒人やヒスパニック系の描かれ方が、見直されつつあるように感じます。
けれど、まだまだ映画の中には不可解な法則(?)や縛りがあるみたいですね~。

白人の相手役には、白人。
黒人の相手役には、白人以外。
この法則は結構、きっちりしてるみたい。

どこが圧力をかけているのか知らないけど(見当はつく)、そろそろ垣根を飛び越えても良さそうなもの。
そして、次にアジア人の描き方も見直して欲しいです(笑)。

さて、映画の方は日本で言うと・・・
「お嬢さんを下さい!!」
「娘はやれんっ!!」
ってな感じの典型的なホーム・コメディ(こんなセリフは出てきませんが・笑)。 

オヤジと娘の恋人の意地の張り合い。
しかも、肌の色を除いたら、小さなことをつつき合っている。

反目しあっている2人なのに、どこか微笑ましくも見えてしまうのです。
特にカー・レースのシーンは可愛かった~(笑)。

想定通りに行きつくラストも嫌みがなくて○(マル)。

パーシー役のバーニー・マックのギョロ目は威圧感がスゴイ。
あんな目で見られたらタジタジになってしまいそうです。

サイモンとテレサが前向きで、口汚く罵りあったりしないのも、2人の愛を裏付けているようで良かったです!

|

« アルフィー | トップページ | 麦の穂を揺らす風 »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/12846230

この記事へのトラックバック一覧です: ゲス・フー/招かれざる恋人:

« アルフィー | トップページ | 麦の穂を揺らす風 »