« 手紙 | トップページ | DEATH NOTE デスノート the Last name »

2006年11月 7日 (火)

アイドルとデートする方法

Win_a_date_with_tad_hamilton ケイト・ボスワース主演のアイドル映画。

■あらすじ■

片田舎に暮らすロザリー(ケイト・ボスワース)はハリウッドスターの「タッド・ハミルトン」の熱烈ファン。
そんな彼女を見つめる幼なじみのピート(トファー・グレイス)だったが、どうやら彼女の眼中に彼の姿はない。

一方、飲酒運転の事故で非難を受けていたタッド(ジョシュ・デュアメル)と彼のエージェントらは、チャリティを兼ねてファンと1日デートをするというイメージアップ企画を考案する。
この懸賞を見事当てたのがロザリー。

きらびやかなハリウッドに招待されたロザリーは、タッドにエスコートされ、夢のようなひとときを過ごす。
そして再び田舎町に戻ってきたロザリーのもとに、なんとタッドが訪ねてきて・・・。

(2004/アメリカ) ★★

-----------------------------

ケイトの笑顔がさく裂なので、ファンには嬉しい映画かも。
顔がアップになるシーンも多いので、彼女のオッド・アイ(瞳の色が左右で違う)も確認しやすい!

それで、映画はと言うと・・・なんか普通でした。 
普通過ぎました。

展開も王道だし、結末も予想通り。

ロザリーに秘かに想いを寄せる幼なじみの好青年が一人。
ハリウッドスター、タッドに夢中…だけど純粋無垢な乙女が一人。

とても分かりやすいキャラクター設定。
だけど、よく分からない人が一人・・・。

肝心のスター、タッド・ハミルトン。
このキャラクターは掴みにくかったです。 
何を考えているのかよく分からなかったもの(笑)。

飲酒運転、タバコ、女遊び・・・
イメージダウンを回復すべく、1日デート権をチャリティにかけると言うから、さぞかし素顔は“嫌な奴”なのかと思っていました。
それが、ほどほどにナイスガイだったんだよねー。

それで、どうして突然ロザリーに会いに行ってしまうのか・・・。

う~ん、一目惚れしたのなら、まだ理由として納得できるものがあるけど、
よく判らない理由で突然、会いに行っちゃうんだよね。
何がしたいのだ、君は!

一応、ハリウッドの喧騒の中で、自分のことが解からなくなって“自分探し”の旅に出てしまうってことみたいだったけど・・・

それには、迷ったり悩んでいるシーンが足りなかったです。
しかも、次の仕事が決まらないことから焦っているだけだし、それはスランプと言わないのでは?

タッドの行動の動機が弱くて、変にオカシイ映画でした(褒めてません!)。

タッドのエージェント役で「プロデューサーズ」のネイサン・レインが出てました。

オープニングの劇中劇に出てくる、テッドの相手役の看護婦さんは「バタフライ・エフェクト」のエイミー・スマートだったよ。 
エイミーは、この1シーンだけしか出てないけど。

|

« 手紙 | トップページ | DEATH NOTE デスノート the Last name »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

双葉さん今晩は!

クリスマスも終わっちゃいましたね、もうほんの数日でお正月ですよ
うちの仕事納めは28日なので実質後二日仕事に出れば正月休みです
やはり12月に入ればあっという間だね~
といっても先週は風邪引いてダウンしてましたが(^^;

この作品は逆かと思ってたんです。というのもアイドルというイメージから
女性のアイドルに普通の青年二人が・・・と思ってたんですよ
まあ始まってすぐに逆だと分かったからいいけど、個人的には
主人公の幼なじみで上司の男の子を応援しちゃいましたね
主人公には浮ついてないで地に足をつけてしっかり周りを見渡してみろ!
ってついつい怒っちゃいました。
こういう話は下手ではあるけどそのぶん安心感はあるよね
裏を返せば新しい部分はないということになるんだけど・・・

投稿: せつら | 2007年12月26日 (水) 17時37分

>せつらさん

こんばんは!
クリスマスはケーキを食べて終わりました(笑)。
お正月まで、あと1週間もないんですねっ!!
早いな~。まだまだ、実感沸かないな~。

せつらさんは28日が仕事納めなんですね!
あともう少しですね!頑張ってください!!
先週は、風邪でダウンしたとのこと・・・大変でしたね。
インフルエンザも流行っているみたいなので、気を付けて下さいね。

私は先週、「ものもらい」が出来て、眼科に行きました(-_-;)
初めての「ものもらい」でしたが、すぐに治ったので良かったです。

さて、この映画。
>女性のアイドルに普通の青年二人が・・・と思ってたんですよ

まさに私もそう思ってました!!
始まってすぐに、違うのね~と。。。(笑)

幼なじみの男の子の方が、アイドル役の人より良かったですよね!
私も幼なじみを応援してました!

この手のアイドル映画は、王道ストーリーなので安心感があるけど、先が見えてしまうので物足りなく感じますね。。。
でも、女優さんの可愛らしさが満喫できるので、好きな女優さんの出演作はつい見てしまうんですよね~(^^;)

投稿: 双葉 | 2007年12月26日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/12613397

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルとデートする方法:

« 手紙 | トップページ | DEATH NOTE デスノート the Last name »