« パニック・フライト | トップページ | 父親たちの星条旗 »

2006年11月 1日 (水)

ウィスキー

Whisky 2004年東京国際映画祭グランプリ&主演女優賞 受賞作

■あらすじ■

ウルグアイの小さな町。
父親から受け継いだ靴下工場を経営するハコボ(アンドレス・パソス)は、毎日、決まり切った1日を送っていた。
そこで働く中年女性マルタ(ミレージャ・パスクアル)も、控えめで生真面目な性格のせいか、ハコボと必要以上の会話を交わしたことがない。

そんなある日、前年に死去した母親の墓を建てるために、ブラジルで同じく靴下工場を営む弟エルマン(ホルへ・ボラーニ)が帰ってくることになった。
ハコボはマルタに、「エルマンが滞在する間、夫婦のふりをして欲しい」と頼むのだが・・・。

(2004/ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツ・スペイン) ★★★☆

-----------------------------

「そこで終わるのかっ!」と言う、ラスト。
うわぁ、気になるぅ~!!

マルタがエルマンに渡した手紙の内容は?
ハコボから渡されたお礼をマルタはどう受け取ったかな?
果たして、その後は!?

いろいろ想像をかきたてられ、心引きずられる映画でした。

そもそもこの映画、セリフも多くないし、説明もしてくれないし、登場人物も無愛想。
だけど、そこが魅力。

同じ事を繰り返す、退屈な毎日。
そんな単調な仕事の中で、ハコボとマルタは息もピッタリ。

けれど、ハコボとその弟エルマンは、なんだか訳ありの様子。

そこにきて、マルタはハコボに偽夫婦を演じることを頼まれる。
「事情は存じてます」と、妻役を簡単に引き受けちゃうマルタだけど、一体どんな事情があるのかは教えてくれないのだ。

ハコボの家にある医療器具、ダンボールの山、ぐちゃぐちゃな壁のモチーフ・・・。
観ながらハコボの事情を推測して行く。

タイトルの「ウィスキー」は、写真を撮る時の掛け声。
日本だと、「はい、チーズ!」と言ったところ。

冴えなかったマルタが、「ウィスキー」の掛け声ごとに魅力を増していくのに比べ、ハコボの偏屈ぶりも可笑しい。

知らなかった一面が見えてくることで、魅力が増えることもあれば、
知らなかった一面を見て、幻滅することもある。

果たして、ハコボとマルタはどうだったのかしら・・・?

|

« パニック・フライト | トップページ | 父親たちの星条旗 »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/12527907

この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキー:

« パニック・フライト | トップページ | 父親たちの星条旗 »