« クリムト | トップページ | トゥモロー・ワールド »

2006年11月18日 (土)

間宮兄弟

Mamiya_kyoudai 寄ってく? 間宮兄弟の部屋。

■あらすじ■

間宮兄弟は30代の今も同居を続けている仲の良い兄弟。
兄 明信(佐々木蔵之介)はビール会社の研究員。
弟 徹信(塚地武雅)は小学校の校務員。

一緒にご飯を食べ、野球観戦で熱くなり、ビデオを観ては涙する。
もういい大人の2人だけれど、仲の良さは子供の頃と全く同じ。

ある日、彼らは行きつけのレンタル屋さんの店員 直美ちゃん(沢尻エリカ)と、徹信の務める小学校の葛原依子先生(常盤貴子)を誘ってカレーパーティーを開くことを決意。
頑張って彼女たちに声をかけるのだった。

(2006/日本) ★★★

-----------------------------

「間宮兄弟」が映画化されると聞いた時は、随分と驚き楽しみにしてたけど、監督が森田芳光だと知って ちょっと冷めてしまいました。
森田監督が嫌いってわけではないけど、最近の作品はあんまり好きじゃなかったので心配に・・・。

けれど出来上がった作品は、ほのぼのコメディに仕上がってました!

笑わそうとして間宮兄弟を面白おかしく描いているのではなく、
愛情をもって間宮兄弟を描いて、結果、笑わせているのが良かったです。

でも一人で観ていて、何故か淋しくなってきた(笑)。
友達とか家族とか、わいわいみんなで見たい映画かも。

特に事件らしい事件が起こらないストーリーなんだけど、退屈はしない。
それから食べ物がよく出てくる。
この2点が「かもめ食堂」に似てますね。

最後のほうで「このままずっと一緒に暮らせばいいじゃん」というセリフがあって、そこは“違う”って思いました。
こんなセリフが原作にあったか思い出せないけど、変わらず一緒に暮らしていて欲しい監督の願いが込められているように聞こえます。

「人はずっと同じではいられないものです」
そう言ったのは「かもめ食堂」の小林聡美。

猛スピードで移ろいゆく世の中で、間宮兄弟もスローペースで変わり行くのだと思う。

|

« クリムト | トップページ | トゥモロー・ワールド »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/12753095

この記事へのトラックバック一覧です: 間宮兄弟:

« クリムト | トップページ | トゥモロー・ワールド »