« SAW〈ソウ〉 3 | トップページ | ダウン・イン・ザ・バレー »

2006年11月23日 (木)

プラダを着た悪魔

Devil_wears_prada 頑張る女の子を応援します!

■あらすじ■

大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディ(アン・ハサウェイ)が就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ )のアシスタント。

オシャレにとことん疎い彼女は、それが次へのステップになればという程度に考え、ミランダが何者かもまるで分かっていなかった。
彼女こそは、その絶大な影響力に誰もが恐れおののくファッション界のカリスマだったのだ。

朝も夜もなく四六時中浴びせられるミランダの理不尽な命令に、いつしかアンディの私生活はめちゃくちゃに。
恋人ネイト(エイドリアン・グレニアー)ともすれ違いが続いてしまう。
こうして、早くもくじけそうになるアンディだったが・・・。

(2006/アメリカ) ★★★★☆

-----------------------------

ファッション業界を舞台にしたサクセス・ストーリー!
アンディのファッション七変化も楽しいし、ストーリーもご機嫌なくらいにテンポ良く進む。

それだけの映画なのに、観ているうちに元気を貰えるのはどうしたことか。
やっぱり、恋愛映画じゃなくて、成功物語だからなのかな?

ファッション業界の内幕物だと思って鑑賞すると、物足りないと思います。
仕事の大変さと華やかさは伝わってくるけど、そこまで業界に肉薄してない。
ファッション業界というのは、単なる舞台にしか過ぎないんだよね。

けれど、1と言われたら、先を読んで2と3までやっておかなくては、人から認められないのだという仕事の厳しさも描かれてました。
認められることで、初めて“信頼”されるのだ。

でも、持ち前の器量さで、なんでもこなしてしまうアンディはスゴイねぇ。
そんな優秀なアンディを苦しめるミランダはもっとスゴイけど!

この手の映画には珍しく(?)、ライバルの足を引っ張ろうとするイジワルな同僚がいないのも良かったです!
ミランダほどの女傑を相手にしていては、ライバルを蹴落とす暇もなく、協力しないと乗り切っていけないのでしょうね~。
女性が多い職場だし、ホントはもっと怖い気がする~(笑)。

メリル・ストリープも余裕の演技でタイトル・ロールを快演してたし、
アン・ハサウェイも可愛い!

アンディをサポートとしてくれるナイジェル(スタンリー・トゥッチ)が、もっと暗躍するかと思いきや、意外と活躍しなかったのは残念でしたが、鑑賞後の足取り軽く、劇場を後にしました♪

しかし、パリでの“ワン・ナイト・ラブ”は中途半端なエピソード・・・。
思いきり雰囲気に流されてて、嫌だ!

|

« SAW〈ソウ〉 3 | トップページ | ダウン・イン・ザ・バレー »

Cinema 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/12800986

この記事へのトラックバック一覧です: プラダを着た悪魔:

« SAW〈ソウ〉 3 | トップページ | ダウン・イン・ザ・バレー »