« イノセント・ボイス 12歳の戦場 | トップページ | コレクター »

2007年1月31日 (水)

幸せのちから

Pursuit_of_happyness ルービック・キューブって難しい!
いまだに解けない私です・・・(※「STAY/ステイ」参照)。

■あらすじ■

1981年、サンフランシスコ。
実の父を知らずに育ったクリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、5歳の息子クリストファー(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)には 決して同じ思いをさせまいと心に誓っていた。

しかし、大量に買い込んだ新型医療機器は思うように売れず、家賃も払えない生活が続く。
そして、愛想を尽かした妻リンダ(タンディ・ニュートン)に去られた上に、家賃滞納で立ち退きを命じられてしまう。

そんな生活から抜け出そうと、クリスは証券会社の養成コースに応募し研修生となるが、採用されるのはたった一人だけ。
しかも、半年間の研修期間は無給だ。

やがてモーテルに泊まるお金も尽きた父子は、ついに過酷なホームレス生活を余儀なくされるが・・・。

(2006/アメリカ) ★★★

-----------------------------

妻に去られ、家を失い、お金も底をつく。
まさに、ドン底から這い上がったサクセス・ストーリー。

だけど、成功話よりも親子愛を強く感じさせる内容でした。

ウィル・スミスと、その実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスの親子共演も話題ですよね。
さすが親子! 
息がピッタリで微笑ましいです。

特にクリストファーは、本当に健気で可愛らしくて良かったです。

でも、クリス(ウィル・スミス)の頑張りは「息子第一」が前面に出ていて、研修がどれだけ狭き門で、クリスがどれだけ優秀なのかが良く分からなかった。。。
頑張っているのは、すごく伝わってくるんだけど・・・。

それに、骨密度を計測する機器のセールスを毎日続けても、そんなに売れなかったのに、研修期間中の週末だけを使って完売させてしまったのも、あれ?って思いました。
突然、バカ売れ?
値引き販売でもしたのかな~。

でも、盗まれても取り戻して、骨密度計測器を全部完売させたのはアッパレですね!

懐寂しいと心まで暗くなってしまいがちだけど、一文無しになってもユーモアを忘れない。
2人でタイムマシンごっこを始めるシーンが印象的でした。

ちゃんとクリスの愛情が息子に届いているから、
「いいパパだよ」
ってクリストファーもパパに言うんだよね。

いい話だと思うけど、感動するってこともなく、「良かったね」で終わってしまったのが残念。。。

|

« イノセント・ボイス 12歳の戦場 | トップページ | コレクター »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/13732368

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せのちから:

» 幸せのちからを観てきた [旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超個人的映画情報]
よかったです、ほんと~によかったです。俺が父親で映画の中の男の子と同じぐらいの年齢の娘がいるので余計だったかも知れないけれど、期待通りのいい映画でした。日ごろ、子供を可愛がってやれたなと思うお父さん、お母さんは必ず行きましょう ;水曜日に行ったので女性の方も多かったのですが映画の終わりごろには周りですすり泣く声があちらこちらで聞こえておりました。... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 19時04分

» 幸せのちから [古谷千秋の食い倒れ日記]
最近起業した友人にすすめられていた映画『幸せのちから』を観てきた。 [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 22時36分

» ウィル・スミス親子共演の「幸せのちから」見てきました。 [よしなしごと]
 ウィル・スミス親子共演の幸せのちからを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 23時32分

« イノセント・ボイス 12歳の戦場 | トップページ | コレクター »