« 不都合な真実 | トップページ | ライアー »

2007年1月25日 (木)

メリンダとメリンダ

Melinda_and_melindaライフ・イズ・コメディ!
     or
ライフ・イズ・ドラマ?

■あらすじ■

マンハッタンのビストロにたむろする劇作家たちが、「人生は悲劇か、喜劇か?」と議論を戦わせている。
やがて彼らは、同じ状況設定からまったく別の方向へ展開する、2つのストーリーを編み出す。

ある日、ローレル(クロエ・セヴィニー)とその夫で俳優のリー(ジョニー・リー・ミラー)が、プロデューサーのご機嫌を取ろうと催したホーム・パーティに、彼らの古い友人であるメリンダ(ラダ・ミッチェル)が突然押し掛けてくる。
彼女の様子からすると、何か深刻な事情がありそうで・・・。

一方の喜劇のヒロイン、メリンダ(ラダ・ミッチェル)は、
映画監督スーザン(アマンダ・ピート)とその夫で失業中の俳優ホビー(ウィル・フェレル)が開いたパーティに同じように飛び込むが・・・。

(2004/アメリカ) ★★

-----------------------------

ウディ・アレン監督作品。
今回、ウディは出演してないです。

悲劇と喜劇。
2通りに進むストーリーが交互に描かれるんだけど、割りと定石通りに展開していくのでどうなるかが読めちゃう。
喜劇作家と悲劇作家が生み出した話なので、そこがポイントなのかもしれませんが。。。

悲劇のヒロイン・メリンダは、不倫の果てにその相手からも浮気され、情緒不安定で落ち着きがなくボロボロ状態。
魅力的とは言い難く、感情移入も出来ないです。

そんなメリンダを暖かく励まし労わる友人たちは、すごく親切でいい人たちですね。
私だったら、メリンダとはあんまり友達でいたくないです(笑)。

悲劇バージョンは、メリンダが痛々しくてあんまり好きになれません。

ローレルの夫リー(ジョニー・リー・ミラー)が浮気している場面をメリンダが見てしまうのも、観客にその後の展開を納得させるためで、メリンダが「見て、どうした」ってことが描かれて無いのが変でした。

一方、喜劇のヒロイン・メリンダは離婚で落ち込んではいるけれど、明るく前向き。
そんなメリンダに、ホビー(ウィル・フェレル)は恋をしてしまう。

そんな訳で、喜劇の主役はメリンダではなく、ホビーに変わってしまいます。
妻がいながらメリンダに恋をしてしまったホビーが空回りするところが笑いの中心でした。
ウィル・フェレルがひとり頑張っています!

傷心のホビーがゴージャス美女を紹介されてのぼせちゃうところでは、もしかして欲求不満が解消できたら誰でもいいんじゃ・・・なんて思いましが、ちゃんと落ち着くべきところに着地して終わりました。

メリンダ役のラダ・ミッチェルがダメだったってことではないけど、
ヒロインを「不幸せにする」「幸せにする」ってことだけで、ヒロインそのものに魅力が感じられないのが残念でした。

|

« 不都合な真実 | トップページ | ライアー »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/13668794

この記事へのトラックバック一覧です: メリンダとメリンダ:

« 不都合な真実 | トップページ | ライアー »