« 理想の恋人.com | トップページ | 守護神 »

2007年2月14日 (水)

あなたになら言える秘密のこと

Secret_life_of_words 知られたくない秘密。
知っていて欲しい秘密。

■あらすじ■

誰にも言えない秘密を抱えたハンナ(サラ・ポーリー)は、黙々と工場で働き、誰とも打ち解けようとしない。
その真面目すぎる働きぶりを上司に咎められ、強制的に休暇を取らされてしまう。

そうして、見知らぬ街を訪れたハンナは、ふとしたキッカケで油田掘削所の事故で火傷を負ったジョゼフ(ティム・ロビンス)の看護を請け負う。

一時的に視力を失ったジョゼフは、ハンナとの会話から彼女を知ろうとするが、ハンナは名前も過去も話そうとしない。

しかし、油田掘削所に残る風変わりな男たちと生活を共にするうち、ハンナは少しずつ笑顔を取り戻してゆく・・・。

(2005/スペイン) ★★★★

-----------------------------

「死ぬまでにしたい10のこと」と同じ イザベル・コイシェ監督、
サラ・ポーリー主演。
ちなみに製作も同じく、ペドロ・アルモドバル

「死ぬまでにしたい10のこと」は、あまり好きじゃなかったので、
今回は“どうかな?”って思っていたのですが、なかなかいい作品でした。
重いですけど。

オープニングから独特な雰囲気で、一気に映画の中に引き込まれてしまいました。
だれど、淡々と進むので、静かに見守るだけ。

ハンナの孤独な暮らしぶり。
そして海洋に浮かぶ油田掘削所。

隔離され、淋しげな場所に残された数人の男たち。
それぞれが孤独と向き合い、慰めあって暮らす。

料理長のサイモン(ハビエル・カマラ)。
海洋学者のマーティン(ダニエル・メイズ)。
機関士のスコット(ダニー・カニンガム)と、リアム(ディーン・レノックス・ケリー)。

言葉を交わし、影響を受けながらも、深くは踏み込まない。
映画はあくまでもハンナのスタンスで進みます。

ハンナは人とつながること、関わることを極端に避けるから、
せっかく知り合いになれても、結び目が出来る前にするりと抜けていってしまう。
どこか、もどかしくて頼りない。

そんなサラが、ジョゼフに秘密を打ち明けたのだから、彼には相当の信頼を寄せたのだと思います。

もっと最後までじらされると思っていたので、思っていたより早く秘密を打ち明けてくれた印象なのですが、
その告白シーンは、サラ・ポーリーの演技力をまじまじと感じさせられるものでした。

人は人を傷つけもするけど、
絶望の淵に沈みこんで、息が出来なくなるほど苦しくても、
人とのつながりで救われもする。

絶望的なラスト、救いのあるラスト。
結末は、どちらにも転がることが出来たと思います。

ややキレイすぎるかなとも思うけど、救われるラストだったのは希望が感じられて良かったです。

|

« 理想の恋人.com | トップページ | 守護神 »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/13932941

この記事へのトラックバック一覧です: あなたになら言える秘密のこと:

« 理想の恋人.com | トップページ | 守護神 »