« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド »

2007年5月28日 (月)

主人公は僕だった

Stranger_than_fiction 全知全能の神の声。

■あらすじ■

国税庁の会計検査官ハロルド・クリック(ウィル・フェレル)は、規則正しく単調な毎日を送る平凡な男。
ところがある朝、彼の頭の中に女性の声でナレーションのようなものが聞こえ出す。

断続的に語られる声の主は、文学的な表現でハロルドの行動を的確に描写していくが、ある時、ハロルドに死が近づいていることが分かってしまう。

どこかで自分を主人公にした小説が書かれていると疑うハロルドは、文学を専門とするヒルバート教授(ダスティン・ホフマン)に助けを求め、悲劇的な結末を回避しようと奔走するが・・・。

(2006/アメリカ) ★★

---------------------------

コメディアンのウィル・フェレルが主演ですが、監督は「チョコレート」、「ネバーランド」、「STAY/ステイ」のマーク・フォスターなので、コメディ作品ではなかったです。

プロットは面白いと思うんですけどね、笑える映画ではなかったです。
なんとなく、映画ではなく小説の方が向いてそうな印象を持ちました。

平凡で退屈な日常を送る主人公の頭の中に、ある日“ナレーション”のような声が響きだす。
他の人には聞こえず、自分にしか聞こえない“声”。

いかにも映画的な映像だし、これ以外はないってくらいにオーソドックスなものだけど、なんだか今ひとつな気持ちになりました。
たぶん、いきなり主人公と同じ土俵の上に立たされるからだと思います。
いわゆる主人公目線の映画ってやつですね。

でも、あんまり主人公に魅力を感じなかったんですよねぇ・・・。

映画そのものも、成り立ちと言うか、主人公と小説がどのような関係なのかが良く分からなかったです。
作家のカレン(エマ・トンプソン)が物語を紡ぐと主人公の行動が決まるのか、すでに紡がれた物語を主人公がなぞっているのか。。。

これは“ニワトリが先か、卵が先か”の水掛け論になってしまうけど、電話が鳴るシーンで同時進行であることが明示されていました。
でも、そこで主人公の行動が小説に追いついたとも考えられるので、もう少し小説と主人公の関係がハッキリしていた方が、ストレスなく鑑賞できたかも(笑)。

それに厳格に小説の内容をなぞって行動している、またはハロルドの行動が全て小説の内容になっている訳ではなくて、いろいろと自由に動き回れるんですよね。
当たり前か(笑)。

ハロルドが、“僕は変われるのに、なぜ死ななくてはいけないのか”とヒルバート教授(ダスティン・ホフマン)に問うシーンは、もっともだと思いました。

悲劇作家のカレンも最後に変化を見せるように、“人は変われる”ということがテーマの映画だった気がします。

パン屋のアナを演じたマギー・ギレンホールと、ダスティン・ホフマンが、軽妙な演技で好演していただけに、悲劇作家の苦悩を演じたエマ・トンプソンの演技が重すぎ&上手すぎて、ちょっと浮いてる感じがしました。

|

« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/15228163

この記事へのトラックバック一覧です: 主人公は僕だった:

« 恋愛睡眠のすすめ | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド »