« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | パッチギ! LOVE&PEACE »

2007年6月 2日 (土)

GOAL!2 STEP2:ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦

Goal_2_living_the_dream 好感度が下がりまくりの今作。
次に挽回はあるのか?

■あらすじ■

ニューカッスル・ユナイテッドの人気選手となったサンティアゴ・ムネス(クノ・ベッカー)は、ロズ(アンナ・フリエル)との結婚式の準備も着々と進んで順風満帆。

そんなサンティアゴに、レアル・マドリードへの移籍の話が舞い込む。
反対するロズを説得して、ひとりマドリードに移り住み、ベッカムやロナウドらに迎えられ、ふたたびガバン・ハリス(アレッサンドロ・ニヴォラ)とチームメイトになった。

しかし、豪邸のような家を買い、高級車を乗り回し、美女に囲まれるサンティアゴに、ロズは距離を感じ始める。

そんなある日、サンティアゴの前に弟だと名乗る子供が現れ・・・。

(2007/イギリス) ★★

---------------------------

単純なサクセス・ストーリーだった前作「GOAL!」は、愛嬌のあるクノ・ベッカーの魅力とキャラクターのハングリーさで、それなりに楽しませてもらえました。

なのに成功した途端に、こうも魅力を失われるとガックリです。

日本語吹き替え版でしか上映してなくて、字幕じゃなかったのも痛かったです。
なんかセリフが芝居がかっていて、TVの海外ドラマを見てる気分でした。(声優さん、ごめんなさい。)

ストーリーは今回も単純で、サクセスものにありがちな危険な落とし穴に引っかかるサンティアゴの図なのですが、気に入らない点が多いのです。

まず、スペイン美女とハメを外すのは頂けないよね。
メッチャ、好感度下がりました!

テキーラ飲んだ後の飲酒運転も、FIFA公認の映画なのにいいのか?って感じです。

1作目では、父親との不和が描かれていたけど、
今回は生き別れになった(家出した)母親(エリザベス・ペーニャ)が生きていたことから、心に動揺が生まれ、それがプレーにも現れてしまいます。
またか・・・な感じですよね。
いい加減、プロなんだからONとOFFはきっちりしようよ!

でも、弟の無謀運転に至っては、開いた口が塞がらない。
あんなの無理だって! すぐに事故るって!
目撃者もいるし、ちゃんと調べたら誰が運転していたかも判るだろうに、弟を庇う意味はあるのかな?

今回はトラブッてばかりで、フィールドでの活躍にもっと焦点を絞って欲しかったです。
しかも、試合に出ると、とにかく銀河系スター軍団に肩を並べているムネスはどうだ!すごいだろう!の連呼とアピールが正直、ウザい。

良心的なエージェントだったグレン(スティーヴン・ディレイン)を解雇してしまったっぽいのも、マイナス。
このままコテコテのストーリーでいくのかな~。

引退したジダンが映画の中では現役だったり、アメリカに行っちゃうベッカムとチームメイトだったり、現実に映画は追いつけないんだよね。
だから、現実との相乗効果が生まれないのは残念かもね。

でも、ベッカムはスゴイ目立ってました。
ラストなんか、かなりアピールされてて、「4」への布石?かと勘ぐっちゃう(笑)。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | パッチギ! LOVE&PEACE »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/15284712

この記事へのトラックバック一覧です: GOAL!2 STEP2:ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦:

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド | トップページ | パッチギ! LOVE&PEACE »