« あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | 300 〈スリーハンドレッド〉 »

2007年6月14日 (木)

プレステージ

Prestige 変装は得意。
でも、変装を見破るのは不得手な人たち。

■あらすじ■

19世紀末のロンドン。
若き奇術師アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベール)は、中堅どころの奇術師ミルトンの元で修行をしていた。

しかしある日、ミルトンの助手を務めるアンジャーの妻ジュリア(パイパー・ペラーボ)が、水中脱出に失敗し死亡する事故が起きる。
事故の原因はボーデンの結んだロープが外れなかったことだ。

その事故を境にアンジャーとボーデンの仲は決裂。
ボーデンがサラ(レベッカ・ホール)と幸せな家庭を築いていることも、アンジャーの復讐心に油を注ぐことになってしまう。

そして、ついにはお互いに報復を繰り返す事態に発展する。

そんな中、ボーデンは新しいマジック「瞬間移動」を披露する。
そのマジックを見たアンジャーは、オリヴィア(スカーレット・ヨハンソン)という美しいアシスタントを得て、ボーデンよりも華麗なステージを開催するが・・・。

(2006/アメリカ) ★★★★

-----------------------------

マジックの基本は「プレッジ(確認)」「ターン(展開)」「プレステージ(偉業)」から成り立つのだそうな。
へえ~。
でも、マジック対決の映画かと思ってみていると、肩透かしを食うかもしれません。

マジックそのものよりも、復讐に取り憑かれた男(ヒュー・ジャックマン)がメインでした。
アンジャーは、ボーデンへの復讐心から、ボーデンよりも優れたマジックを求め、やがてマジックそのものに取り憑かれていく。。。
ヒュー・ジャックマンが、時にエネルギッシュに 時にスマートに演じていて、素敵でした~。

マジックを考え出すカッター(マイケル・ケイン)とコンビを組んで、華麗で洗練されたパフォーマンスで人気を得る“グレート・ダントン(ヒュー・ジャックマン)”。

誰にも見破られないマジック「瞬間移動」を生み出した“THE プロフェッサー(クリスチャン・ベール)”

そんな2人の修行時代から、復讐合戦の泥沼、パフォーマンス中の“グレート・ダントン”の死・・・と時系列をずらして描かれています。
監督は「メメント」「バットマン ビギンズ」のクリストファー・ノーラン
今回も質の高い作品でした。

でも、注意しないと複雑な構造がちょっと分かりにくいかもしれません。
私が戸惑ったのは「誰が何を読んでいるのか」です。

ボーデン(クリスチャン・ベール)のところから盗んだ日誌をアンジャー(ヒュー・ジャックマン)が読む。
読みながら書き綴ったアンジャーの日誌を、今度はボーデンが手に入れて読む。

中盤までいくと、こういう構造だったと判明するのですが、最初は何がなんだかサッパリでした(笑)。
どっちがどっちのことを言っているのかも良く分からないので、声でヒュー・ジャックマンかクリスチャン・ベールかを判断してたくらいです。

けど、中盤までは結構、面白かったです。
手の込んだ復讐合戦になるので。
ストーリーも、最初に提示された「“グレート・ダントン”の死」へ向かって、突き進んでいきます。

でも、ニコラ・ステラ(デヴィッド・ボウイ)の発明品が何か分かると、「“グレート・ダントン”の死」の謎も一気に解けてしまいます。
しかも科学じゃなくて、SFだし・・・。 

一方、ボーデンのトリックは、物凄い古典的。
と言うより、ちょっとズルイかも。
2人いるのは分かってたけどさ、そんなこと知らないもん(笑)。

そういう訳で“驚愕のラスト!!”を期待して見てもカルタシスは得られないです。

面白かっただけにラストがもったいないな・・・と言う感じもするけど、全体的に楽しめたので良しとします。

そう言えば、スカーレット・ヨハンソンは思いのほか活躍しなかったですね。
もっと出番があるか、裏があるのかと思ってたんですが・・・。

|

« あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | 300 〈スリーハンドレッド〉 »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/15427216

この記事へのトラックバック一覧です: プレステージ:

» プレステージ [観劇★感激★カンゲ記]
公式サイト→コチラ 公開後他の人のレビューをいくつか読んだら、「つまらない」っていうのがわりと多かったんだよね。 だからあんまり期待しないで見に行ったせいか、私は意外と楽しめた! ポスターや番宣にMr.マリックや引田天功が起用されてるでしょ。あれを見て‘華麗なるイリュージョン’的なものを期待しちゃったらこの映画は楽しくないだろうな・・・。 かくいう私も魔法とか手品とか大好きなんだけど。 でも予告でちゃんとサスペンスなんだって思って行ったから、矛盾もなにもなくスッキリつながっ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 23時45分

« あるスキャンダルの覚え書き | トップページ | 300 〈スリーハンドレッド〉 »