« プレステージ | トップページ | アポカリプト »

2007年6月25日 (月)

300 〈スリーハンドレッド〉

Three_hundred スパルタの歴史のお勉強にはなりませんが、肉体美の鑑賞には向いてます。

■あらすじ■

紀元前480年。
スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の使者がやって来る。
曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。
レオニダスはその要求を一蹴すると、使者を葬りペルシアと戦う道を選ぶ。

ところが、ペルシアとの戦を禁止する託宣師のお告げが下る。
スパルタでは王さえも託宣師のお告げに逆らうことは許されない。
しかし、レオニダスはそのお告げを無視し、要所であるテルモピュライでペルシア軍との決戦に挑む。

引き連れて行くスパルタの精鋭たちは、たったの300人。
対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった・・・。

(2007/アメリカ) ★★★

-----------------------------

墨攻」でも、“1人 vs. 10万人”というキャッチコピーが使われていたけど、1人で戦うわけじゃなかったです。
この映画も、“300人 vs. 100万人”ってキャッチコピーですが、実際には“300対1000”くらいでしょうか。
戦っているのは一部だけです。
それが、スパルタの狙いだったわけですが。

セピア色に統一された映像は絵画のようで、時折ハッとするほど美しかったです。
風にたなびくマントとか。

筋肉ムキムキのマッチョは苦手なので、裸体には興味が行かなかったけど、
パンツとマントだけを身につけた男たちの集団は、かなりのインパクトがありました。

だけど、歴史上の物語を見ているっていうより、解説付きのゲームを見ているようでした。
映像もゲームっぽかったですけど、何より戦っている相手がもはや人間ではなくクリーチャー(バケモノ)の域に達してました(笑)。

シン・シティ」でもモノローグが多用されていたのが気になりましたが、今回もナレーションが多いのが気になりました。
心理描写まで語っちゃうのも、ちょっとね・・・

最初はいいけど最後になると、いかに無謀な戦いだったのかを思い知らされるので、だんだん盛り下がってしまったのが残念です。
レオニダス王が、最後に渾身の力を込めて放ったスピアが外れた瞬間、後ろの兵士たちのため息が聞こえてきそうでした。
ここでハズすかよ!って(笑)。

でも、バトル満載な上にお色気シーンもあったりして、いかにも男性好みな映画って感じですね。
アメリカでヒットしたのは分かるかも。

ペルシアのクセルクセス王をロドリゴ・サントロが演じているっていうので楽しみにしてたんですけど、CG処理が施されて酷いことになってました(泣)。
まるで、巨大なオカマちゃんみたい!
彼は美形なので、いじって欲しくなかったよ~。

|

« プレステージ | トップページ | アポカリプト »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/15561654

この記事へのトラックバック一覧です: 300 〈スリーハンドレッド〉:

» 映画「300<スリーハンドレッド>」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:300 スパルタといえばスパルタ教育、もしくはスパルタンX、いずれも懐かしくさえある響きなのだが・・この物語は、まるで劇画のように激しく熱いスパルタ戦士・・・ 古代ギリシアは紀元前480年のこと、遂に、千の国の征服者たるペルシャ帝国の覇権の波がスパルタにも... [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 01時02分

« プレステージ | トップページ | アポカリプト »