« ボルベール〈帰郷〉 | トップページ | ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 »

2007年7月13日 (金)

レミーのおいしいレストラン

Ratatouille ネズミはネズミ。

■あらすじ■

すぐれた鼻と舌を持つネズミのレミーは、一流シェフになるのが夢。
ある日、レミーは嵐で家族とはぐれてしまい、パリのとある一軒のレストランに辿り着く。
なんとそこは、レミーが尊敬する今は亡き名シェフのグストーの店だった。

そこで料理の才能ゼロの見習いシェフ・リングイニが、店の大事なスープを台なしにしてしまうのを見たレミーは、思わず味を整えに走る。
それを目撃していたリングイニは、自分に料理の才能がないことからレミーの力を借りることを提案。
こうして彼らは秘かにコンビを組むことになるのだが・・・。

(2007/アメリカ) ★★★

-----------------------------

見る前は、レストランにネズミ!?ネズミが料理!?
ちょっと、不衛生じゃない?
って思ったけど、予告編を見たら手を洗ったりしてて可愛かったです。
ビンに閉じ込められて川に捨てられそうになる時のレミーの表情とか、複式呼吸でお腹が凹んだりしてる所とか、可愛すぎる。

世界一有名な某ネズミのキャラクターは好きじゃないんですけど、何気に「マウス・ハント」とか「スチュアート・リトル」とか見ているので、ネズミ自体はそんなに嫌いじゃないのかも知れないです。

ストーリーは単純明快で中盤までは面白かったんですけど、後半の展開はちょっとどうかな・・・。

レミーがリングイニの頭の上に乗って、髪の毛で彼を操縦するのは、オイオイって感じだったけど、あまりにも想定外のことだったからビックリしました。

しかし、リングイニが実はグストーの息子で・・・と言うエピソードは、最後にはグストーの店を潰してしまうとなると必要だったのかちょっと疑問です。

グストーの現レストラン・シェフのスキナーと、料理評論家のイーゴは、いかにもな悪人顔をしているんだけど、顔が濃い割りに中身が薄い印象。
評論家のイーゴはラストで人が変わったようになってしまうし、グストーが星を落とした理由も良く分からないままです。

ディズニーらしい円満解決と言えばそうなんだけど、人間とネズミの共存共栄はミッ○ーマ○スだけで充分だよ。
ミッ○ーは、もはや擬人化されすぎて、ネズミじゃない気もするけど。

兎にも角にも、ネズミの大群が厨房で料理している映像は、あんまり心踊るものではなかったです。

そう言えば、本編前に「リフテッド」っていう短編アニメが上映されたんですが、これが結構面白かったです!
2匹の宇宙人が出てくるんだけど、くすくす笑っちゃった。

|

« ボルベール〈帰郷〉 | トップページ | ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/15740913

この記事へのトラックバック一覧です: レミーのおいしいレストラン:

« ボルベール〈帰郷〉 | トップページ | ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 »