« 傷だらけの男たち | トップページ | 迷い婚 -すべての迷える女性たちへ- »

2007年7月24日 (火)

すべてはその朝始まった

Derailed すべては出来レースの上に・・・

■あらすじ■

チャールズ(クライヴ・オーウェン)は、愛する妻子と幸せに暮らす会社員。
ある日の通勤電車でのこと。
財布を忘れて困っているチャールズに、金融会社で働く聡明な女性・ルシンダ(ジェニファー・アニストン)が助け舟を出す。
ルシンダにもチャールズと同じように愛する娘がいることを知り、次第に2人は打ち解けて話すようになる。

やがて2人は親密さを増し、ついに想いが高じて場末のホテルに入ってしまう。
しかし、そこへ突然、銃を持った暴漢(ヴァンサン・カッセル)が押し入ってきて・・・。

(2005/アメリカ) ★

-----------------------------

クライヴ・オーウェンとヴァンサン・カッセルに挟まれると、どうしてもジェニファー・アニストンが貧弱に見えてしまいます。
役柄も、ちょっと役不足でしたかねぇ。

電車での出会いから、すでにクライヴ・オーウェンの鼻の下が伸びてるのに苦笑してしまいました。
そう言えば彼は、「クローサー」でも、スケコマシ男を演じていて厭らしさ爆発でしたよね~。
こういう演技が上手いんだか地なんだか良く分からないけど、あまりにも目がランラン☆としちゃっているのが、苦手だな(笑)。

ストーリーは一応、不倫ものサスペンスな訳です。
飢えたオオカミみたいになってるクライヴ・オーウェンは、どうにかジェニファー・アニストンとホテルへチェック・イン。
けれども、肝心なところを前にして強盗が侵入、ジェニファーはレイプされてしまう・・・。
けどここで、ストーリーが読めてしまうんですよね。

※注意【以下、ネタバレ有】…未見の方はご注意ください。

ジェニファーがレイプされちゃうのは意外な展開に思えるけど、これだと収拾つけるのが難しくなっちゃう。
だから、ジェニファーとヴァンサン・カッセルはグルなんだな、2人で仕組んでるんだなって、読めてしまいます。

ヴァンサン・カッセルからの脅迫が続いて、クライヴ・オーウェンはいいところなし。
なかなかのダメッぷりです。

ようやく仕組まれたことに気付くも、一人で解決しようとしたりして、そこからは警察に任せればいいのに・・・なんて思いながら見ていました。

ラストにちょっとしたサプライズが用意されていたけど、面白かったー!と思わずうなるカンジじゃなかったです。

|

« 傷だらけの男たち | トップページ | 迷い婚 -すべての迷える女性たちへ- »

DVD etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/15861513

この記事へのトラックバック一覧です: すべてはその朝始まった:

« 傷だらけの男たち | トップページ | 迷い婚 -すべての迷える女性たちへ- »